クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

中世ヨーロッパのゴミ掃除は「外にぶん投げる」!?

中世ヨーロッパのゴミ掃除は「外にぶん投げる」!?
概要:『中世ヨーロッパのゴミ掃除』について一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

 

【中世ヨーロッパ】当時のゴミ出し・掃除について

 

中世ヨーロッパでは、下水道が整備されるまでは、基本的に「ゴミは外にぶん投げる」が常識だったようです。

 

そのため、都市部の街路には、糞尿・ゴミなどが散らばっていました。

 

また、多くの家庭では、中庭などに家畜を飼っていました。

 

食べ残しは、家畜にぶん投げていたそうです。

 

家畜の糞尿は、中庭などに堆肥のように積み上げられていきました。

 

当然、臭いについても酷いものだったそうです。都市部は、特に悪臭だったとか。

 

 

【中世ヨーロッパ】川もゴミだらけだった

 

 

中世後期には、都市部の悪臭・不衛生ぶりが問題になったそうです。

 

そのため、市長から市民に対して、「1~2週間に1回は街路の掃除をするように」と命じられることもあったようです。

 

また、「ゴミを捨てる際は川にぶん投げろ」と言われることもあったみたいです。

 

 

【中世ヨーロッパ】ゴミは地下に埋めることもあった

 

一部の家の中には、ゴミ処理用の竪穴もありました。

 

ゴミは、竪穴の中に埋められました。

 

しかし、それによって、地下水が汚染されてしまうことがありました。

 

その結果、井戸水を飲むことで、しばしば、チフス等の感染症に掛かってしまいました。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版