クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第50話 明けない夜(7)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第50話 明けない夜(7)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第50話 明けない夜(7)

 

 

烏は、眉をひそめ、ランカスターに問う。

 

「聞きたいことがある」

「どうしたのだ」

「弓兵の有効射程はどれくらいある」

「なぜ、そんな話を」

「純粋な興味だ」

「ふむ」

 

しばし考えるランカスター。

 

「狙撃地点や風にもよるが、大体五〇~三〇〇ヤード程度といった所か」

「約二七〇メートル程度か」

「しかし、それはあくまで並の弓兵の話だ」

「どういうことだ」

「熟達した弓兵なら、五〇〇~七〇〇ヤードは飛ばすと云う」

「……ホークアイもそれくらい飛ばせるのか?」

「面白い事を云うのだな」

 

くすりと笑うランカスター。

 

「何がおかしい」

「彼女の射程はその倍だ」

「倍だと……」

「故に付けられた名は、極大射程 《キリングレンジ》。其が彼女の異名だ」

「……だが、そんな距離から標的を狙えるのか」

 

生唾を飲み込む烏。

ランカスターは、こくりと頷く。

 

「彼女の瞳は、鷹の目。どんな小さな獲物も必ず見つけ出す」

「鷹の目……」

 

何かを思い出す烏。

それは、ウィルト砦へ向かっていた時のこと。

烏、ランカスター、ホークアイ。

三人は、遠方から砦を望んでいた

その時、ホークアイは、砦の中まで見えているかのように語っていた。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第51話 明けない夜(8)

coming soon

 

 

▼電子書籍版