クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第52話 明けない夜(9)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第52話 明けない夜(9)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第52話 明けない夜(9)

 

 

烏は、息を潜める。

 

「……」

「そこにいるのは分かっています」

「……なぜ、ここにいることが分かった」

「出てこないなら――」

 

ぎりぎりと引き絞られる弦。

烏は、諦めて、ゆっくり木陰から姿を現す。

 

「俺だ」

「烏さん……? どうしてこんな場所に」

 

静かに弓を下ろすホークアイ。

烏は、ゆっくりホークアイの下へ向かう。

 

「すまない。気になって後をつけた」

「そういうことでしたか」

「ホークアイこそ、こんな場所で何をしているんだ」

「それは……」

 

くぎゅるる、と腹を鳴らすホークアイ。

気まずそうに野ウサギの死体を後ろに隠す。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第53話 明けない夜(10)

 

 

▼電子書籍版