クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

キングスフィールドⅣ│名言・セリフ集

キングスフィールドⅣ(KING'S FIELD Ⅳ)│名言・セリフ集
概要:『キングスフィールドⅣ』に登場する名言・セリフについて一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

台詞の書き方について学びたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

▼本書の特徴

・具体的な台詞の書き方について書かれている

・キャラクターの感情を中心に物事を描く方法について解説されている

 

 

キングスフィールドⅣ│ジオリ・ハーマニー 名言・セリフ集

 

随分貧相な格好だな。

それを持っていっていいぞ。

 

この厄災の地には、

古の都という地下遺跡が眠っている。

遠征の目的地はそこさ。

 

あんた何者だ? こんなとこに来るからには

どうせろくでも無い奴なんだろうけどな・・・

 

仲間は地下に潜ったきりだ。

いつになったら戻って来るのだろうか。

 

実は地下に行きたくなくて

仮病を使ったんだ。

今じゃ後悔しているよ・・・

 

みんなどうか生きて戻って欲しい・・・

 

仮病なんか使うんじゃなかった・・・

 

 

キングスフィールドⅣ│ジョアン・スーク 名言・セリフ集

 

お前も命の石を探しに来たのか?

つるはしが無いと不便だぞ

 

手っ取り早く借金を返そうとしたんだが、

あまり割に合わないな・・・

 

古の都は地下に埋れた都市らしい。

このまま掘ってれば辿り着けるかもな。

 

板が打ち付けられてある先には

行かない方がいい。死ぬぞ。

 

なかなか見つからないもんだ・・・

 

 

キングスフィールドⅣ│エドミー・ラックレス 名言・セリフ集

 

俺は特別な器を持っている。

癒しの水を汲むのに必要なものらしい。

どうしても欲しければやってもいいぞ?

 

今は亡き森の民の聖なる都。

噂以上の宝が眠っているはずだ。

 

俺はきっと宝を手に入れてみせる・・・

 

 

キングスフィールドⅣ│オルフ・オス 名言・セリフ集

 

死者たちが騒いでおる。

先に行くなら気を付けてな・・・

 

年を取ると物忘れが多くてな・・・

 

さて?

何の話じゃったかな?

 

この先は古の都。

森の民が聖地と呼んだ場所じゃ。

今では、その名残しか見られんがな・・・

 

ワシが何者か・・・

それは知らなくても良い事じゃ・・・

 

ワシはここで待ち続けよう・・・

 

 

キングスフィールドⅣ│エレイン・ジュネ 名言・セリフ集

 

夫は出かけたきり戻ってきません。

危険な目に遭ってなければ良いのですが・・・

 

私の体は病のせいで

思うように動かないのです。

体さえ満足に動けば

夫を探しに行けるのですが・・・

 

夫の無事を祈る事しか私には出来ません。

 

娘はどこへ行ったのでしょう・・・

 

娘にも会っていって下さい。

1人で寂しがっているようなので・・・

 

もう少し良くなったら、

故郷に帰ろうと思います。

 

 

キングスフィールドⅣ│ベオ・モルディン 名言・セリフ集

 

助かった。ありがとうな。

お礼にこれやるよ。持っていきな。

他にも必要な物あるか?

 

俺の友人が石の巨人を仕留めたんだ。

さっきの弓はそいつのさ・・

 

門の先に行った奴らは異形の兵士に

襲われたそうだ。

かなり腕の立つ奴らだったらしい。

 

他に欲しいものはあるかい?

補給物資だけど売ってやるよ。

 

必要なものがあったら言ってくれ。

 

 

キングスフィールドⅣ│エミル・エト 名言・セリフ集

 

人間の方がいらっしゃるなんて珍しい・・・

ここは聖樹の森。

私たち森の民の母なる森です。

 

与えられた役目を果たせぬ以上、

せめて朽ちていくあの子を見守る事だけが

私に出来るせめてもの償いです。

 

それはまさしく樹の雫。

それだけあれば今一度、

動いてくれるかも知れません。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版