クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第54話 明けない夜(11)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第54話 明けない夜(11)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第54話 明けない夜(11)

 

 

烏は、あまりの妙技に舌を巻く。

 

「さっきの夕食もそうだが、上手いんだな」

「へ?」

「料理だ」

「そんな言うほどではありませんよ」

 

腰巾着から幾つかの香辛料を取り出すホークアイ。

手早く肉に様々なスパイスを揉みこむ。

 

「山育ちの私にできることは、煮るか焼くか、ぐらいものです」

「山育ち……?」

「幼い頃は、緑ゆたかなウェールズと呼ばれる地方に住んでいました」

「聞いたことのない場所だ」

「緑以外は特に何もない場所です」

「だが、なぜ、そんな場所から騎士になんて?」

「あの日、ランカスター隊長に救われたからです」

 

火を見つめるホークアイ。

翡翠の瞳の中に炎が揺れる。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第55話 明けない夜(12)

 

 

▼電子書籍版