クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第56話 明けない夜(13)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第56話 明けない夜(13)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第56話 明けない夜(13)

 

 

ホークアイは、烏の顔を覗く。

 

「どうですか、お味は?」

「何度、食べても美味いな」

「おかしな言い方ですね」

 

くすりと笑うホークアイ。

烏は、首を傾げる。

 

「何がだ」

「いえ、何度もというほどは作っていないので」

「……」

「どうしました?」

「俺は今までホークアイの料理を何回食べた」

「どういう意味ですか……」

「答えてくれ」

「夕に一回、そして、今の一回です」

「そうか……」

 

まもなく夜が明ける。

烏が最期に見た光景。

それは、血だまりの中、駆け寄るホークアイの姿。

ホークアイは、懸命に烏の名を叫んだ。

その目からは、涙が溢れていた。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第57話 明けない夜(14)

 

 

▼電子書籍版