クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第60話 明けない夜(17)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第60話 明けない夜(17)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第60話 明けない夜(17)

 

 

剣戟は、二十余続いた。

序盤、圧していたのは、明らかに烏だった。

しかし、中盤から不思議な事が起きた。

圧そうとすればするほど、返って追い詰められたのだ。

気づけば、烏は木を背にしていた。

まもなく打ち上げられた黒刀が地面に突き刺さる。

まさに完敗。

その一言に尽きた。

ランカスターは、長剣を鞘に納める。

 

「手合わせ、ご苦労」

「……」

 

月下に照らされる少女の小さな背中。

しかし、烏には、その背中が大きく見えた。

そして、その光景が最期に見る光景となった。

朝は、来なかった。

またいつもと同じ夜が始まる。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第61話 明けない夜(18)

 

 

▼電子書籍版