クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第69話 明けない夜(26)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第69話 明けない夜(26)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第69話 明けない夜(26)

 

 

ヒースクリフは、息を荒げる。

 

「避けたか」

「今のは一体……」

 

膝をつきながら立ち上がる烏。

もう少し回避が遅ければ、三枚下ろしになっていた。

思わず背筋が凍りつく。

ヒースクリフは、剣を片手に、烏に飛び掛かる。

 

「呪術を頼らずとも、君ごとき葬るのは安易だ」

「チッ――」

 

刀で防ぐ烏。

しかし、ガードしたにも関わらず、肉が裂ける。

腹部と太腿から血が吹き上がる。

ヒースクリフは、剣を片手に、にじり寄る。

 

「見えている……という訳ではなさそうだね」

「何が起きているんだ……」

 

解せない烏。

相手の一太刀は、見えないほど速い訳でもない。

むしろ、異様なほど、ゆっくり見える。

それにも関わらず、回避することも防ぐこともできない。

見極めるのは、困難を極めた。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第70話 明けない夜(27)

 

 

▼電子書籍版