クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

レッド・デッド・リデンプション│名言・セリフ集

レッド・デッド・リデンプション│名言・セリフ集
概要:『レッド・デッド・リデンプション』に登場する名言・セリフについて一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

台詞の書き方について学びたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

▼本書の特徴

・具体的な台詞の書き方について書かれている

・キャラクターの感情を中心に物事を描く方法について解説されている

レッド・デッド・リデンプション│名言・セリフ集:ボニー・マクファーレン 

 

それは楽しそうだわミスター・マーストン

まるで弟が読んでた三文小説の主人公みたいよ

 

悪いんだけど 私は牧場主としての仕事があるの

もし調子がいいなら―

馬で牧場を見回るの 後で付き合ってくれない?

その報酬の一部で治療費を返してくれればいいわ

 

次はこの前みたいに―

その命を無駄遣いしないでね

 

良い変化というのは 物事を改善してくれる変化のことよ

 

今の季節 この辺りは最高に景色がきれいよ

 

ありがとう ミスター・マーストン 誰かがそばにいると安心するわね

あなたの早撃ちとあたしの女の勘で いい組み合わせになるはずよ

 

買い出しに行くんだけど 話し相手が欲しくって

 

手綱は任せるわ

泣く子も黙る賞金稼ぎが 女に手綱を握らせてたら―

恰好がつかないでしょ

 

あらあら ミスター・マーストン

その夢見がちな駄文は どこの小説で見つけたの?

そんな日々は遠い昔に過ぎ去ってるわ そんな時代があったかすら怪し

 

 

レッド・デッド・リデンプション│名言・セリフ集:ジョン・マーストン

 

願ってもない 感謝するよ 命の恩人だからな

 

その言葉 胸に刻むよ

 

撃たれたり その後馬に乗ったりで 疲れちまった

ちょっと休ませてくれないかな

 

レディからお金は取れないな

 

俺のこと全く分かってないな ミスター・マクファーレン!

俺が紳士的に振る舞ってるからだ

男のプライドが駆けて行く!

 

俺もひっ捕らえたぞ 保安官のツラを汚す馬鹿を

 

なら こうしよう…

一緒にチンピラどもを片付けてからウィリアムソンの話をする

 

誰かに悪いことをすれば 撃たれるかもしれない 誰かに良いことをすれ

ば…それでも撃たれるかもしれない

でもここなら 何が正しくて何が間違ってるかの 見当はつく

 

 

レッド・デッド・リデンプション│名言・セリフ集:リー・ジョンソン

 

この町の安全が第一だ 隣の群のゴミまでは掃除できんさ

 

俺にはこの町が 生き地獄にならないように―

守るという大義がある

この世は問題だらけさ 俺はここで 俺にできることをやる

例えば 鉄道会社だ 俺に金をにぎらせて―

村の焼き払いに目をつぶれ―

と言う連中もいる

それに家畜泥棒だ 峡谷辺りでやりたい放題さ

当然 ギャングのこともある

町外れの農場が 連日襲われている

おまけに酒場のチンピラどもだ

 

あきらめの悪い男だな

 

悪くない腕だな ミスター・マーストン

また町に寄った時は 顔を出してくれ

 

私もなりたくはなかったよ 本当はな

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版