クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第77話 不死のラーフ(2)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第77話 不死のラーフ(2)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第77話 不死のラーフ(2)

 

 

ランカスターは、顔を上げる。

 

「蛇腹峠が見えてきたぞ」

「……足場の悪い難所と聞いていましたが、まさか、ここまでとは……」

 

ごくりと生唾を飲むホークアイ。

眼前に広がるのは、岩肌を向き出した荒々しい峠。

その名の通り、蛇のとぐろのように道が渦巻いている。

更に、道幅は狭い。

人ひとりが通るので精一杯のようだ。

まさに難所そのもの。

ランカスターは、周囲に注意を促す。

 

「足場が狭くなっている。滑落せぬよう気をつけるのだ」

 

一行は、気を引き締めて、馬を走らせる。

気を抜けば、地面の見えない奈落の底。

時おり吹く突風が底へ誘う。

ヒースクリフは、眉をひそめる。

 

「風が傷にしみるね」

「ああ」

 

風にも負けず突き進む烏。

一行は、足を止めることなく進軍する。

その時だった。

地面が大きく揺れる。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第78話 不死のラーフ(3)

 

 

▼電子書籍版