クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

後ろ回し蹴りってかっこいい。憧れの技だったという話

後ろ回し蹴りってかっこいい。憧れの技だった話
概要:「後ろ回し蹴りってかっこいい」と思う話を紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

筋トレ・ストレッチをする際には、ヨガマットがあると便利です。

 

後ろ回し蹴りってかっこいいと思う話①:まるでアクション映画みたい

 

テコンドーを始めた理由の一つとしては、アクション映画みたいにキレッキレッなアクションをしてみたいという理由がありました。

 

アクションスターの格闘シーンみたいに手足を動かせたら、面白いだろうなと思っていました。

 

そのため、社会人になってから、テコンドーやカポエイラを始めました。

 

自分が特に憧れたのは、後ろ回し蹴りでした。

 

なぜなら、回転しながら蹴りを放つ姿がかっこいいと思ったためです。

 

 

後ろ回し蹴りってかっこいいと思う話②:でも、習得するまで時間が掛かる

 

後ろ回し蹴りは、大振りで派手に見えるため、できるようになれば、かっこよく見えると思います。

 

実際、自分もテコンドーやカポエイラを始める前はかなり憧れていました。

 

しかし、習得するのには、時間が掛かりました……。

 

なぜなら、身体が非常に硬かったためです。

 

結局、綺麗に素早く出せるようになるまでには、1年くらい掛かりました。

 

 

ただ、後ろ回し蹴りの練習ばかりしていたせいで、今では得意技の一つになりました。

 

 

後ろ回し蹴りってかっこいいと思う話③:技が当たると盛り上がる

 

後ろ回し蹴りは、円を描くように蹴りを放つため、当てることが難しい技になります。

 

基本的には、当てるためには、相手が踏み込んできた際に、カウンターとして後ろ回し蹴りを放つ必要があるかと思います。

 

自分の場合は、そんな感じです。

 

そのため、組手で当てた場合は、そこそこ盛り上がります。

 

もちろん、振り抜くと危険なので、ほぼ寸止めです。

 

 

後ろ回し蹴りってかっこいいと思う話④:カポエイラの後ろ回し蹴りはかっこいいけど怖い

 

カポエイラには、アルマーダと呼ばれる後ろ回し蹴りに似た技があります。

 

技としては、片足を軸にコンパスのように大きな円を描く技となります。

 

この技は、かっこいいけれど、使うのも使われるのも怖い技です。

 

なぜなら、めいっぱい遠心力を使って、踵を当てる技になるため、まともに喰らったら終わります。

 

とはいえ、ほとんどの場合は、手を抜いて軽く出す程度になります。

 

 

後ろ回し蹴りってかっこいいと思う話:まとめ

 

・出せるようになるとカッコイイ

・習得するには少し時間が掛かるかも

・組手で使えると盛り上がる

 

 

雑談:ジョブチューンを見て、久しぶりにオリジン弁当に行った

 

先日、「ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」というテレビ番組を観ました。

 

この番組は、自分が好きな番組の一つです。

 

同番組の中には、人気企画の一つとして、人気チェーン店のイチ押しメニュー10品を、超一流のシェフが「合格」「不合格」をジャッジするという企画があります。

 

先日は、オリジン弁当がこの企画に挑んでいました。

 

通常、10品中6~7品程度合格が出れば、良い方です。

 

しかし、オリジン弁当は、10品中9品合格という超優秀な結果を出していました。

 

それを見て、「美味そうだな―」と思って、今日の夕食はオリジン弁当に!

 

めちゃくちゃ美味かったです! これからオリジン弁当ばかりになりそうかも……!

 

やっぱり、おいしい料理っていうのは、ハッピーになりますね。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版