クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第92話 不死のラーフ(17)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第92話 不死のラーフ(17)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第92話 不死のラーフ(17)

 

 

ランカスターは、静かに左右に揺れる。

 

「不死身と言うなら、倒れるまで何度も斬り伏せよう」

「なんなんだ、お前は……」

「マルグリッド・オブ・ランカスター、貴様を葬る者の名だ」

 

何かを思い出すラーフ。

 

「ランカスターだと……そうか。かつて、聞いたことがある」

「……」
「ガーター騎士団の中には、戦場において、ただの一度さえ傷を負ったことがない者がいると……」

「……」

「確か、こう呼ばれていたな。届かざるは盾の如く――護剣のランカスターと」

 

立ち上がっては斬り伏せられるラーフ。

地面には夥しい量の血が流れる。

ランカスターは、依然、静かに左右に揺れながら斬撃を繰り出す。

 

「デカ、エンデカ、ドーデカ――」

「ガハッ」

「デカトゥリア、デカトゥリス、デカセトラ――」

「待て……再生が追いつかぬ――」

 

胴体に大きな風穴を開けるラーフ。

しかし、もはや再生はしない。

開いた風穴から、壊死した細胞が崩れ落ちる。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第93話 不死のラーフ(18)

 

 

▼電子書籍版