クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

双頭刃・両剣・双刃剣と呼ばれる武器は実在した!?

双頭刃・両剣・双刃剣と呼ばれる武器は実在した!?
概要:双頭刃・両剣・双刃剣と呼ばれる武器について一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

ファンタジー作品を作成する方は、以下1冊があると便利だと思います。

▼本書の特徴

・中世ヨーロッパの社会生活などが分かりやすく描かれている

・実在した武器、防具、魔法などについて紹介されている

刀「双頭刃」とは? 実在したのか?

 

刀「双頭刃」とは、漫画『あずみ』に登場する両端双頭の刀のことです。

 

刀「双頭刃」は、普段は変哲もない一本の刀のように見えます。

 

がしかし……その実――

 

刀「双頭刃」の柄頭には、隠し短刀が仕込まれています。

 

柄頭を抜くことで、研ぎ澄まされた鋭い短刀が飛び出る仕組みになっています。

 

漫画『あずみ』では、鍔迫り合いの際、柄頭に仕込んだ鋭い短刀を利用して、意表を突いて、敵を暗殺していました。

 

尚、刀「双頭刃」の見た目は、以下の通りとなっています(※漫画『あずみ』9巻 表紙より )。

刀「双頭刃」……かっこいいですね。

 

 

両剣・双刃剣とは? 実在したのか?

 

両剣・双刃剣と呼ばれる武器もまた両端双頭の剣となっています。

 

見た目としては、剣の柄頭からもういっぽん剣が伸びた武器になっています。

 

分かりやすいイメージとしては、漫画『パンプキンシザーズ』に出てくる双剣メーネです。

このように、フィクションでは、双頭刃・両剣・双刃剣と呼ばれる武器は、柄頭からも剣が伸びている構造となっています。

 

 

両剣・双刃剣・双頭刃は実在したのか?

 

結論から言えば、両剣・双刃剣・双頭刃に似た武器は実在していたようです。

 

その武器の名は、ピルム・ムルスです。

 

ピルム・ムルスとは、古代ローマに実在していた両端に刃を有する木製の槍のことです。

 

ピルム・ムルスの中央には、柄が用意されています。

 

その柄から左右に鋭い刃が伸びています。

 

用途としては、刺突・投擲として使用されていたようです。

 

 

両剣・双刃剣・双頭刃と呼ばれる武器の正式名称

 

両端双頭の刃には、特に決まった正式名称はありません。

 

呼び方は、作品によって、まちまちです。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

  1. ダブルセイバー(ゲーム『ファンタシースターオンライン』)
  2. 双刃(ゲーム『テイルズオブグレイセス』)
  3. 双頭刃(漫画『あずみ』)
  4. ダブル=ブレード(映画『スターウォーズ』)
  5. メーネ(漫画『パンプキンシザーズ』)
  6. 両刃剣(ゲーム『ダークソウル』)
  7. ツインブレード(ゲーム『ダークソウル』)

 

 

両剣・双刃剣・双頭刃と呼ばれる武器の使い方

 

両剣・双刃剣・双頭刃と呼ばれる武器は、フィクション作品では、しばしば、柄を中心にクルクルと双刃を振り回すことで、遠心力を利かした重たい斬撃を繰り出す様が描かれています。

 

両刃剣は、あくまでロマン重視の武器となるので、いかに派手にカッコよく見せるかが重要だと思います。

 

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版