クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第94話 不死のラーフ(19)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第94話 不死のラーフ(19)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第94話 不死のラーフ(19)

 

 

ラーフは、肉包丁を振り上げる。

 

「だが、所詮は人間。非力よッ!」

「参ノ殺陣――」

 

最後の力を振り絞り、居合の構えを取る烏。

刹那、踏み出す。

ラーフは、怪訝そうに辺りを伺う。

 

「何だ、これは……」

 

どこからともなく現れた数十羽のカラスの群れ。

不気味に喚く。

そして、一斉に飛び立つ。

烏は、舞い散る黒い羽の中から姿を現す。

 

「《影頸おとし》」

「ガハッ――」

 

吹き上がる血しぶき。

打ち上がるラーフの首。

しかし、首元の細胞はまだ生きている。

ヒースクリフは、それを見逃さない。

長剣を用いて、自らの指に傷をつける。

指から真っ赤な鮮血が流れる。

 

「呪を以て告げる。汝、13の席に囚われし者──黒本ガルトラボーグ1章2節『円卓の災禍 《サークル・フルーフ》』」

 

地面に突き刺した長剣にラーフの死相が映る。

首だけとなったラーフは、語気を荒げる。

 

「貴様ら……」

「君の負けだよ」

「ガハッ――」

 

耳から、目から、口から、吐血するラーフ。

じょじょに細胞が死んでいく。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第95話 不死のラーフ(20)

 

 

▼電子書籍版