クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第95話 不死のラーフ(20)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第95話 不死のラーフ(20)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第95話 不死のラーフ(20)

 

 

ランカスターは、剣を納め、ラーフの首へ近づく。

 

「貴様に訊いておきたい事がある」

「今さら何を……」

「その力、何処で手に入れた」

「答えると思うか……」

「……」

「ククッ……まぁ、良いだろう」

「……」

「ある者から、血を貰った」

「血だと?」

 

眉をひそめるランカスター。

ラーフは、吐血しながら言葉を続ける。

 

「其の者は……不死の秘薬《アムリタ》を口にした、と言っていた」

「聖遺物か……貴様も口にしたのか」

「俺は……あくまで……其の者の血を貰っただけだ」

「其の者とは誰だ」

「……恐ろしい蛇の魔女だった」

「蛇の魔女だと!?」

 

突如、険しい表情になるランカスター。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第96話 不死のラーフ(21)

 

 

▼電子書籍版