クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第98話 不死のラーフ(23)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第98話 不死のラーフ(23)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第98話 不死のラーフ(23)

 

 

ランカスターは、朱色の外套を翻して、馬へ戻る。

 

「任務は完了した。戻るぞ」

「戻るってどこへだ」

「決まっているではないか」

「……」

「我々ガーター騎士団の本拠地――」

「……」

「王都ロンドン、ウィンザー城へ」

 

馬に乗って駆け出すランカスター。

遅れて馬に乗って駆け出すホークアイとヒースクリフ。

烏も遅れて馬に乗って駆け出す。

 

「王都ロンドン……一体どんな場所なんだ」

 

激動の異世界生活二日目は、こうして幕を閉じた。

一日目は、何度も繰り返されるループを乗り越え――

二日目は、何度も蘇る不死の妖魔との死闘を乗り越え――

いま三日目が始まろうとしている。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第99話 不死のラーフ(24)

 

 

▼電子書籍版