クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集

概要:『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』に登場する名言・セリフ・メッセージについて一挙紹介!

 

 

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集①:OP

 

それは悠遠なる世界の物語。

紀元前2000年頃。

創造神アヴルールの産み出した神龍の血を引くドラグーン族は、

卓越した魔法と文明で繁栄を極め、世界を支配していた。

しかし、ドラグーン族は、自らの驕りにより、

その文明や高度な魔法技術と共に滅び去った。

その後、幾多の戦乱が続いたが、

アザルス大陸に誕生したダルア皇国によって、

アザルス大陸は統一され、

ここにアザルス歴元年が始まった。

だが、アザルス歴100年に、

そのダルア皇国も王の乱心により瓦解し、

それ以降は「ディメント王国」「クォパティ法制院」「ハーサント連邦」

三大陸によって大陸は統治され、

安定期に入った。

人々は争いのなくなった平和に満足した。

だが、ここにきて、遥か昔・・・神話の時代、

天使によって封じられたと伝えられていた怪物の類が

頻繁に現れるようになった。

また、妖魔妖獣の類ばかりか

「古き者ども」と呼ばれ、恐れられる悪魔までもが、

アザルス大陸各地で目撃された。

ある賢者は「古き者どもを封じていた何かが力を失いつつある」と言い、

ある占い師は「世界の均衡が崩れ始めた」と言う。

平和を甘んじながらも異形の者たちの陰に怯える生活。

だが、そんな人々の中には、

ドラグーン族が残した財宝を探す者や、

恐ろしい怪物を退治することで報酬を得る者たちが現れた。

尋常ならぬ精神力を持ち、体術や魔術を操り、

幾多の困難に立ち向かう彼らを人々は「冒険者」と呼んだ。

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集②:アイアンハンド

 

ん、見かけぬ顔がいるな……

まあ、名乗らぬでよい。

お前が生き延びれば

自然と名前を覚えるだろうし、

そうではないなら覚えるだけムダだろう。

買いたいものがあるなら自分で選ぶがいい

そのていど出来るだろう?

 

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集③:シスター・サマンサ

 

迷える子羊よ

今日はこの寺院になんの御用ですか?

今日も一日、神のご加護がありますように。

 

はい、お布施について…でしょうか?

神への感謝を形で表したものといってもいいかもしれません。

神は必ず私たちを見てくださっています。

きっと神の祝福があることでしょう。

 

よく寺院にお出でのご様子ですね。

神は普段のあなたのその心がけに、きっと報いて

くださると思いますよ。

私も常に心がけるようにしています。

 

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集④:アラハゥイ

 

ほほぅ。こんな所に人がくるとはねぇ。

さては『夢見る者の本』を探しに来られたのですかね?

おおっと、私を攻撃しないで頂きたい。

私はアラハゥイ。

貴族の道楽でうろついているだけですとも、ええ。

まぁ、敵ではないのでご安心を。

 

それではみなさん。

命あればお会いしましょうとも。くくく。

 

ほほぅ。こんな所にまで、足を運ぶ人が。

これは、これは…。

私の名前はアラハゥイ。

世間で言うところの落ちこぼれ貴族ですとも、ええ。

まぁ、私は道楽でここに来たのですが

あなたは、名誉や富の為に来られたので?

アイトックスの周辺には、このような隠された迷宮が

数多く眠っているようでしてねぇ。

さて、誰が何のために、

このような迷宮を創ったのでしょうね?

非常に謎めいていますよねぇ。

まぁ、そんな謎はどうでも良いのですがね、… ええ。

私は探索を楽しめれば、

それで十分なのですとも。

 

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集⑤:シーイン

 

私は……取り返しのつかない事をしました。

それ故に……私は世界が破滅しないよう、

主に祈りを捧げ続けているのです……。

私はただ祈るだけ……。

祈るためだけに存在する思念……。

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集⑥:クラウス

 

ようこそいらっしゃいました。

ご機嫌麗しそうでなによりでございます。

皆様のご高名もこの王宮に響いております。

ぜひとも、このディメントを代表するような

冒険者になって下さい。

 

 

 

 

ウィザードリィ│名言・セリフ・メッセージ集⑦:ブーズ

 

ずいぶんと有名になってきたな。

ハナタレの駆け出しの頃を知っている身としては、

鼻が高いってもんだ。

まぁ、あんまり有名になりすぎて、

恨みを買わないように注意しとけよ。

あんたらを倒せば有名になれる。

なんて事を考える奴らもいるかもしれんからな。

はっはっはっはっは。まぁ、冗談だがな。

じゃあな、ま、これからもがんばれよ!