クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第105話 不死のラーフ(30)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第105話 不死のラーフ(30)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第105話 不死のラーフ(30)

 

 

トロールは、幼き王の側に寄り添う。

 

「御方々にお集まり頂きましたのは他でもありませぬ」

「「「……」」」

「この国に危機が迫っているゆえでございます」

「「「……」」」

 

危機と聞いても動じぬ拝命二十四騎士長。

異様な静けさが続く。

ランカスターは、その中、臆せず問う。

 

「トロール殿、其はどういうことでしょうか」

「ふむ。末席のランカスターか」

「お答え願います」

「灰の国が動きを見せた」

「フランスが!?」

 

目を見開くランカスター。

トロールは、急に横柄な態度を見せる。

 

「ロワール川周辺にフランス軍が集まり出しておる」

「ロワール川ということは――」

「狙いはオルレアンに違いない」

「オルレアン……」

 

深刻そうに眉をひそめるランカスター。

拝命二十四騎士長たちの間にも動揺が走る。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第106話 不死のラーフ(31)

 

 

▼電子書籍版