クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第106話 不死のラーフ(31)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第106話 不死のラーフ(31)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第106話 不死のラーフ(31)

 

 

トロールは、垂れた頬を震わせ、苛立ちを見せる。

 

「それに、ドンレミの村から、救国の戦乙女と名乗る小娘まで出て来ておる」

「何者ですか」

「知らぬ。しかし、青髭のジル・ド・レを従えている。油断はできぬ」

「其のような名のある剣士を従えているとは……」

「……さらに、東の大魔女までもが動き出した」

 

冷や汗を垂らすトロール。

ランカスターは、下顎に手を置く。

 

「大魔女……確か、串刺しのヴラドと云ったか」

「ふむ。さらに厄介なことに、組織立った行動を見せているようだ」

「魔女が組織行動を?」

「そうだ。通常、利己のためにしか動かぬ魔女が手を組むなど考えられないが」

「して、その数は――」

「把握しているだけでも、ほかに四体の魔女がおる」

「四体も……」

 

生唾を飲むランカスター。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第107話 不死のラーフ(32)

 

 

▼電子書籍版