クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第108話 不死のラーフ(33)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第108話 不死のラーフ(33)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第108話 不死のラーフ(33)

 

 

烏は、初めて、間近に王の顔を見つめる。

 

「思い出した……」

 

頭を抱える烏。

脳に電撃が走る。

幼き聡明な男児の顔を見て、走馬灯のように記憶が駆け巡る。

ある一つの目的のために、ひたすらにその暗殺の技術を磨いてきたこと。

ある一つの目的のために、情を捨て去り、人の心を失ったこと。

ある一つの目的のために、その日を待っていたこと。

烏は、刀の柄に手を掛け、幼き王を睨む。

 

「……ようやく思い出した。俺の使命は――」

「どうした」

「イングランド国王ヘンリー6世の暗殺」

「何を言っているのだ。変なやつだ」

 

跪く烏を見下ろすヘンリー6世。

まもなく宰相と共に部屋を後にする。

拝命二十四騎士長たちも続いて部屋を出ていく。

しかし、烏だけは、刀の柄に手を掛けたまま、その場に跪く。

 

「そうだ。俺はこの時のためだけに存在してきた……」

「深刻な顔をして、どうしたのだ?」

 

烏の顔を覗くランカスター。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第109話 不死のラーフ(34)

 

 

▼電子書籍版