クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│章タイトル一覧

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│章タイトル一覧
概要:『FINAL FANTASY TACTICS』 における章タイトルについて一挙紹介!

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│章タイトル一覧 早見表

 

チャプター1 「持たざるもの(THE MEAGER)」

チャプター2 「利用する者される者(THE MANIPULATOR & THE SUBSERVIENT)」

チャプター3 「偽らざる者(THE VALIANT)」

チャプター4 「愛にすべてを(SOMEBODY TO LOVE)」

 

 

尚、タイトルの作り方について興味がある方は、以下記事も見てみてください。

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│第1章タイトル 持たざるもの(THE MEAGER)

 

『FINAL FANTASY TACTICS』は、社会に内在する問題を描写した作品となっています。

 

第1章では、そのタイトル通り"持つもの"と"持たざるもの"を比較することで、格差・身分から生じる問題を描いています。

 

英語圏では、「THE MEAGER」と訳されています。

 

※MEAGER=貧しい

 

 

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│第2章タイトル 利用する者される者(THE MANIPULATOR & THE SUBSERVIENT)

  

第2章では、"大儀のための犠牲"を描いています。

 

"犠牲がなければ大義は果たせないと考える者"と”大儀のための犠牲を善しとしないと考える者"との対立が起こります。


以下台詞は、ファンの間にて有名なシーン"ゴルゴラルダ処刑場の戦闘"における問答の一部です。

 

ガフガリオン

「何をバカなことを! あんな小娘一人死ンだところでなんだというんだ! 我々が第一に考えねばならンことは“大義”だ!

 

ラムザ

「人を欺き、利用するところにどんな“大義”があるというんだ! 僕はもう、これ以上、“大義”のために利用され命を落とす人間を見逃すことはできない! 僕はオヴェリア様を助ける!!

 

アグリアス
「ラムザ、おまえはベオルブ家の人間なのか?」

 

ラムザ

たしかに僕はベオルブ家の人間だ! でも兄さんたちとは違う!

僕はオヴェリア様の誘拐なんて全然知らなかった! 本当だ!

 

アグリアス
「今さら疑うものか! 私はおまえを信じる!!」

 

 

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│第3章タイトル 偽らざる者(THE VALIANT)

 

本章では、"偽る者"と偽らざる者"たちの対比が描かれています。

 

・偽りなく助けたいと想う者……

・偽りない愛を捧げる者……

・偽りの偶像を演じる者……

・偽りの力に溺れる者……

 

"偽り"があるからこそ、”偽らざる”ことの美しさが描写されている章になっています。

 

尚、英語圏では、「THE VALIANT」と訳されています。

 

※VALIANT=強い

 

 

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│第4章タイトル 愛にすべてを(SOMEBODY TO LOVE)

 

本章では、裏切り、嘘、偽りを経て、最後に手に残ったものは何か、物語の結末を描いた章となっています。

 

ある者は、真実を貫き、愛を手に入れ……

 

また、ある者は、権謀術数を利用して、追い求めていた虚栄を手にした一方、本当に欲しかった愛は手に入れることができなかった。

 

 

まさに、「愛にすべてを」という意味が分かる章題となっていました。

 

皮肉なことに、第1章「持たざるもの(THE MEAGER)」とは、第4章「愛にすべてを(SOMEBODY TO LOVE)」だったということです。

 

 

 

 

FINAL FANTASY TACTICS(FFT)│章タイトル一覧 まとめ

 

チャプター1 「持たざるもの(THE MEAGER)」

チャプター2 「利用する者される者(THE MANIPULATOR & THE SUBSERVIENT)」

チャプター3 「偽らざる者(THE VALIANT)」

チャプター4 「愛にすべてを(SOMEBODY TO LOVE)」