クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

ゲーム好きならゲーム制作の仕事は飽きにくいと思う話

ゲーム好きならゲーム制作の仕事は飽きにくいと思う話

概要:ゲーム好きならゲーム制作の仕事は飽きにくいと思う話

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

 

ゲーム制作は目に見えて形になっていく所が楽しい

 

ゲーム制作は、基本的に0から1を作る作業になります。

 

一般的には、ディレクターのオーダーを受けて、ゲームプランナーが起案を行います。

 

いわゆる、企画書ってやつです。

 

企画書を作成した後は、次に仕様書を作成します。

 

仕様書を作成した後は、実装フェーズに入ります。

 

このように、自分が企画した内容がゲームになっていく過程は、非常に面白いです。

 

 

なんだかんだ、新卒で就職してからずっとゲーム制作をしている

 

新卒でゲーム会社に就職してから、今までずっとゲーム制作をしてきました。

 

長く続いているってことは、やっぱり、ゲームの仕事が面白いのだと思います。

 

中でも、プレイヤーアクションの制作は、没頭できます。

 

フレーム調整して、コリジョン調整して、みたいな地味な作業だけれど、遊びにモロに関わる部分なので、やっていて面白いです。

 

 

ゲーム制作を舞台にした作品ってあまりないよね

 
ゲーム制作を舞台にした漫画とか小説って、どれくらいあるんでしょうか?
 
『NHKにようこそ!』には、「ゲーム制作」を題材にしたエピソードがあったのは覚えています。
 
あとは、なんだろう、『NEW GAME!』とかですかね。
 
あんまりないイメージです。
 
個人的には、ゲームプランナーを題材にしたリアル風な漫画があれば、見てみたいかも……
 
急に発生した企画案件を誰が引き取るかの心理戦とか、大型アプデの締切日前のヒヤヒヤ感とか、そういうリアリティーが描かれていたら、「分かる…」と共感できて楽しめそうです。
 
 
 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版