クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

中世ヨーロッパの馬の値段と庶民の年収~軍馬の値段はヤバイ~

中世ヨーロッパの馬の値段と庶民の年収~軍馬の値段はヤバイ~

概要:中世ヨーロッパの馬の値段と庶民の年収について一挙紹介!

 

 

 

ストーリーで学べる中世ヨーロッパ:馬の値段と庶民の年収 篇

 

ストーリーで学べる中世ヨーロッパとは

あなたは、ある日、現代から中世ヨーロッパにタイムスリップしてしまう。

あなたの目的は、再び現代に帰ること。

あなたは、知識を身に付けながら過酷な中世ヨーロッパを生き抜く決心をする。

 

あなたは、騎士様と共に、赤さが残る黄昏時の森の中を進む。

 

あなたは、軍馬に騎乗する騎士様の背中を見つめて、ふと疑問に思う。

 

「どうすれば、馬を手に入れられるのだろうか……」

 

騎士様は、あなたの独り言に答える。 

 

マルグリッド・オブ・ランカスター

馬は高いぞ。本当に欲しいのか?

 

 

尚、「ストーリーで学べる中世ヨーロッパ」シリーズについて最初から読みたい方は、以下記事を読んでみてください。 

 

 

【中世ヨーロッパ】軍馬1匹の値段は庶民の年収の40倍!?

 

1300年頃のヨーロッパの軍馬の値段については、カリフォルニア大学デービス校によって発表されたレポート「Medieval Price List」によれば、以下の通りです。

 

軍馬1匹の値段:最大80ポンド(=1600シリング)

労働者の年収:最大2ポンド(=40シリング)

 

ハッキリ言って、庶民が馬を購入するのは難しかったと思われます。

 

現代風に言えば、年収300万のサラリーマンが1億2000万の家を購入するといった感じでしょうか……

 

だいぶキツいと思います。

 

当時の通貨単位

 

1ポンド=20シリング
1シリング=12ペンス
1ペニー=4ファージング
1マルク=13シリング4ペンス

 

 ※「Medieval Price List」より引用

 

----------------------------------------------

ストーリーサイド

 

あなたは、騎士様から軍馬の値段を聞いて、開いた口が塞がらない。

 

「年収の40倍……」

 

マルグリッド・オブ・ランカスター

どうしたのだ? 顔色が悪いぞ

 

騎士・兵士の年収について興味がある方は、以下記事も見てみてください。

 

 

【中世ヨーロッパ】軍馬を所有できるのは貴族・領主ぐらいだった

 

軍馬の値段については、先ほど見た通り、非常に高価でした。

 

では、一体、誰が軍馬を購入できたのか?

 

結論から言えば、軍馬を所有できたのは、経済的に裕福だった貴族・領主ぐらいでした。

 

実際、騎士であれば、軍馬を購入できるようでした。

 

以下は、騎士の年収と軍馬の値段の対比です。

 

 

軍馬1匹の値段:最大80ポンド(=1600シリング)

騎士の年収:最大36ポンド(=720シリング)

 

 

つまり、騎士にとっての軍馬は、年収2年分相当の買物だったようです。

 

※「Medieval Price List」より算出

 

 

マルグリッド・オブ・ランカスター

尤も、私の愛馬バヤールは貰い物だがな。暴れて手に負えない荒い気性だった故、私ぐらいしか手懐けることができなかったのだ

 

 

【中世ヨーロッパ】荷車用の馬であれば、庶民でも買える値段だった!?

 

軍馬の値段は、今まで見てきた通り、非常に高価でした。

 

一方、軍事用に訓練された馬でなければ、値段はそこそこ安くなりました。

 

以下は、荷車用の馬の値段と庶民の年収の対比です。

 

 

荷車用の馬1匹の値段:10~20シリング

労働者の年収:最大2ポンド(=40シリング)

 

 

つまり、庶民であっても、年収の半分くらい出せば、荷車用の馬くらいなら購入できるようでした。

 

とはいえ、年収の半分は、相当高価だと思います。

 

今で言えば、年収300万のサラリーマンが150万の新品の軽自動車を購入する感じでしょうか。

 

 ※「Medieval Price List」より算出

 

尚、当時の人々の生活について気になる方は、以下記事を見てみてください。

 

 

 

ストーリーで学べる中世ヨーロッパ:馬の値段と庶民の年収 篇 -完-

 

あなたは、今後、「馬が欲しい」とは決して言わないと決めた。

 

ローンが借りれるならまだしも、ここは中世ヨーロッパ。

 

何もないあなたにお金を貸してくれる者は、ほとんどいないだろう。

 

あなたは、再び黙々と歩き続けた。

  

 

尚、中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。