クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

ゲームクリエイターは安定して働けるのか?【ゲーム業界の伸び率を見よう】

ゲームクリエイターは安定して働けるのか?【ゲーム業界の伸び率を見よう】

概要:現役ゲームクリエイターの視点から「ゲームクリエイターの将来性」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

  

ゲーム業界の伸び率を見れば、今後もゲームクリエイターの需要は安定的に増えていく

 

結論から言えば、今後もゲームクリエイターの需要は増えていくと思っています。

 

理由としては、以下の通りです。

 

 

世界のゲームコンテンツ市場の合計売上の推移

 

  • 2018年:13兆1774億円
  • 2019年:15兆6898億円
  • 2020年:18兆3758億円(見通し)

 

※参考文献①:ファミ通ゲーム白書2020

※参考文献②:グローバルゲームマーケットレポート2020

 

 

ゲーム業界は年平均成長率10%以上にて拡大している成長産業

 

市場が拡大しているということは、それだけゲームクリエイターの需要が増えていくということです。 

 

1社の企業にて安定的に勤務できるかどうかについては、その企業の経営次第となります

 

一方、ゲーム業界にて、ゲームクリエイターとして安定的に働けるかどうかで言えば、「現状は安定的に働ける」と思っています

 

 

ちなみに、比較対象として、そのほかの業界の年平均成長率は、以下の通りとなります。

 

2020年国内産業の年平均成長率

 

  1. コンビニ業界:6.9%
  2. 旅行業界:6.5%
  3. ファーストフード業界:5.9%

 

参考サイト:業界動向 SEARCH.COM

 

※世界の産業成長率についてはデータがなかったため、国内産業のデータと比較 

 

 

そのほかの産業の成長率と比べても、ゲーム業界の成長率は非常に高い方だと思います。

 

 

現状について言えば、ゲーム業界は波に乗っている産業

 

とりあえず、今のところは特に心配する必要はないかと思います。

 

ゲーム業界の市場は伸びているので。

 

 

 

ゲームクリエイターの場合は一社で安定して働くというよりは転職前提

 

ゲーム業界は、基本的に流動性の高い業界となります。

 

簡単に言えば、転職が多い業界っていうことです。

 

転職が多い理由としては、個人的には以下の通りだと思っています。

 

 

ゲーム業界の転職率が多い理由

 

①新しいゲームを作るため

②年収を上げるため

③労働環境を変えるため

 

 

基本的には、こんな感じの理由だと思います。

 

ぶっちゃけ、1本ゲームを作って、ある程度のゲーム制作スキルさえ身に付けてしまえば、別の会社でもスキルを活かせる点が大きいと思っています。

 

 

なので、ゲーム業界はけっこう転職が多い業界となっています。

 

実際、自分もカプコンを辞めて、フリーランスになっています。

 

 

もちろん、 一つのゲーム会社にずっと居続けることもできる

 

一つの会社が好きで長年勤続している方も多くいるので、必ずしも転職しなければならない訳ではありません。

 

転職は、あくまで自分の意志です。

 

  

 

基本的にはゲーム会社は常に人材不足。ゲームクリエイターの求人は安定的にある

 

実際に現場にてゲームクリエイターとして働いている身としては、ゲームクリエイターの求人は非常に多いと実感しています。

 

実際、フリーランスの自分の場合、ありがたいことに、様々なゲーム会社からオファーを貰えている状況となっています。

 

 

但し、商業ゲーム制作の経験がないと「転職」「フリーランスへの転向」は厳しい

 

「転職」または「フリーランスのゲームクリエイターへ転向」する場合は、ある程度の商業ゲームの制作実績がないと、難しいとは思います。

 

大抵、「商業ゲームの制作3年以上~」といった条件になっているかと思います。

 

 

逆に言えば、商業ゲームの制作経験者であれば、ゲーム会社の求人は非常に多いので、転職しやすいと思います。

 

また、フリーランスに転向して、ゲーム制作の案件を獲得することも容易だと思います。

 

 

 

新卒でゲーム会社に入って、途中で辞めたくなっても、ゲーム制作経験者であれば、求人自体はあるので、仕事自体は安定的に行えると思います。

 

 

 

 

新卒の学生は昔よりゲーム会社に入社しやすい

 

自分が就職活動をしていた頃は、まだスマホゲームの会社もVRゲームの会社もそこまでなかった印象です。

 

ただ、2021年現在では、ベンチャー系のゲーム会社も含めれば、相当数のゲーム会社があります。

 

 

「家庭用ゲーム」「スマホゲーム」「ゲーム筐体」「VR」「AR」も含めれば、ゲーム業界への就職は昔よりも遥かにしやすくなっているかと思います。

 

自分が就職活動をしていた頃は、大手家庭用ゲーム会社ぐらいしかなかったので。

 

 

そういう意味で言えば、現在の学生はだいぶゲーム業界に入りやすくなっているかと思います。

 

チャンス自体は多くあると思いますので、ゲーム業界に興味があれば、ガンガン挑戦すれば行ける確率も上がるかと思います。

 

 

 

ゲームクリエイターの将来は比較的に明るい

 

最後にまとめです。

 

ゲームクリエイターの将来は、明るいと思っています。

 

理由としては、先ほど見た通り、ゲーム業界は年平均成長率10%以上の成長産業となるためです。

 

 

個人的には更にゲーム業界は発展していくと思う

 

ゲーム業界は、いちはやくテクノロジーが導入されるIT業界でもあります。

 

例えば、こんな感じです。

 

  1. VR(仮想現実)
  2. AR(拡張現実)
  3. ハプティック(触覚)
  4. フォトリアル
  5. AI制御
  6. 位置情報

 

 

このように、ゲーム業界は、いち早く新しいテクノロジーを取り入れる産業なので、今後も更に飛躍的に伸びそうと思っています。

 

 

自分もゲーム業界に貢献できるように引き続き頑張っていくつもりです。

 

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter