クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

ゲームクリエイターは週二日休めるのか【結論:土日は休めます】

ゲームクリエイターは週二日休めるのか【結論:土日は休めます】

概要:現役ゲームクリエイターの視点から「ゲームクリエイターは週2日で休めるのか」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

 

ゲームクリエイターは週二日休めるのか

 

結論から言えば、基本的には、他の業界と同じように「土曜日」「日曜日」は休めます

 

実際、自分の場合、複数の日系大手ゲーム会社にて働いてきたけれど、基本的には週休2日となっていました。

 

土日祝を含めれば、大体120日くらいは休めると思います。

 

 

忙しい時は土日に出社することもまれにある

 

 

基本的には【土曜日】【日曜日】は休めます。

 

ただ、「大型アップデート前」「データ〆前」「マスター前」などの忙しい時期には、土日に出社することもあります。

 

実際、自分も忙しい時には土日に出社したことがあります。

  

 

 

簡単に言えば、「締切前は忙しい」と思って貰えれば大丈夫です。

 

ゲーム業界には、一定期間ごとに各種制作の締切が用意されています。

 

イメージとしては、週刊連載の漫画家が締切までに原稿を用意するような感じです。

 

とはいえ、休日に出勤しなければならないほど忙しいことは稀だと思います。

 

実際、自分の場合、休日に出勤することはほとんどないです。  

 

 

 

 

ゲームクリエイターを目指すなら「週休2日制」「完全週休2日制」の違いを知っておこう

 

ゲーム業界の採用ホームページを見てみると、待遇に「週休2日制」あるいは「完全週休2日制」という文言が書かれているかと思います。

 

「週休2日制」と「完全週休2日制」は、似ているようで別物です。

 

違いについては、以下の通りです。

 

 

週休2日制:基本的には週2日休めるけど、休日に出勤することもある

 

完全週休2日制:社内制度として週2日は休日。休日出勤する場合は申請する必要がある

  

 

 

自分の経験から言えば、大体こんな感じだと思います。

 

 

完全週休2日制と言っても休日出勤することはある

 

完全週休2日制と聞くと、土日は絶対に休めるような気がするかと思います。

 

でも、実際には、忙しい時には出社することもあります。

 

ただ、社内制度としては「休日」となるため、出社する場合は休日出勤の申請をしなければなりません。

 

 

 

ゲームクリエイターの休日出勤はどんな感じか

 

いざ休日出勤をしてみると、スタジオ内はほとんどガランとしていると思います。

 

基本的には休みなので、出社している人は少ないです。

 

電気もポツポツと点いているくらいで少し暗い感じです。

 

 

休日のゲーム会社は静かなので集中しやすい

 

平日は、各種相談の声が聞こえたりゲームの音が聞こえたりなど賑やか感じです。

 

一方、休日出勤した場合は、ほとんど人がいないため、静かです。

 

また、相談が持ち込まれることもないため、作業に集中しやすい感じです。 

 

 

 

尚、正社員の場合は、休日出勤した際には基本的には「休日出勤手当」が付くかと思います。

 

当然、そのぶん給与も上がります。

 

 

ゲーム会社の休日出勤のメリット

 

相談が持ち込まれることが少ないため、作業に集中しやすい

 

周りに人がいないため、自分のペースで作業を進められる

 

正社員の場合は休日出勤手当が貰える  

 

 

 

フリーランスのゲームクリエイターの場合は自分で休日を調整する

 

フリーランスのゲームクリエイターも基本的には「土曜日」「日曜日」が休みになるかと思います。

 

ただ、フリーランスの場合は、月内の所定労働時間を満たしていれば、あとは自由に休日を設定することができます。

 

 

事前に情報を共有していれば、平日にも休める 

 

 

フリーランスのゲームクリエイターの場合は、企業と契約する際に「月内の所定労働時間」が提示されると思います。

 

月内の所定労働時間を満たしていれば、平日に休暇を取ることも可能です。

 

もちろん、チームメンバーには事前に「いつ休むか」の共有は必要にはなるかと思います。

 

 

 

自分で自分の労働時間を管理したい方は、フリーランスのゲームクリエイターに向いているかもしれません。

 

ちなみに、自分の場合は、フリーランスのゲームクリエイターとして働いています。

 

 

 

 

「ゲーム会社に就職したら休めなさそう……」と心配する必要はない

 

中には「ゲーム会社って激務そう……休めるかな」と不安な方もいるかと思います。

 

実際、学生時代の頃の自分は漫然とそんなふうに思っていました。

 

 

普通に休めるので、特に心配する必要はないと思う

 

今まで話した通り、基本的には「土曜日」「日曜日」は休めます。

 

 

新卒社員または未経験の方が休日出勤するシチュエーションは、ほとんどないと思います。

 

休日出勤をする=それなりタスクを任されているということになります。

 

未経験でいきなり休日出勤をするほどタスクを任されることは稀だと思います。

 

 

尚、休日があまり少ないゲーム会社はヤバいかもしれないので、その際は別のゲーム会社への転職を考えた方が良いとは思います。

 

 

 

 

おわりに:ゲームクリエイターは普通に休めるので就職活動に集中しよう

 

ゲームクリエイターと言っても、よっぽど忙しい時期でなければ、普通に休めます。

 

そんなに心配する必要はないと思いますよ。

 

 

それより目の前の就職活動に集中しよう

 

今回は、こんな感じになります。

 

尚、ゲーム業界にて就職活動をする方に知っておいて欲しい話を本にまとめたので、気になる方は見てみてください。

 

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter