クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【実体験】ゲームプランナーになるには【結論:方法は4つ】

【実体験】ゲームプランナーになるには【結論:方法は4つ】

概要:現役ゲームプランナーの視点から「ゲームプランナーになる4つの方法」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

 

ゲームプランナーになる方法は4つ【現役ゲームプランナーが語る】

 

現役ゲームプランナーの立場から言えば、ゲームプランナーになる具体的な方法は「4つ」あると思っています。

 

 

新卒から現在まで、ずっとゲームプランナーとして働いてきている

 

なので、ある程度は確度は高いかなとは思っています。

 

一応、『モンスターハンターライズ』等、モンハンシリーズのゲームプランナーとかをしていました。

 

 

 

ゲームプランナーを目指している方の参考になれば、幸いです。 

 

 

 

ゲームプランナーになる方法① 大学を卒業してゲームプランナーになる

 

自分の場合は、このパターンです。

 

明治大学を卒業→カプコンのゲームプランナー】っていう流れです。

 

 こんな感じで新卒からゲームプランナーになりました。

 

 

一般大学からゲームプランナーになれるのか?

 

 

 

ぶっちゃけ、可能です。

 

実際、自分の場合、「政治経済学部」という全くゲーム業界とは無縁な学部から、ゲームプランナーとしてゲーム会社に就職しました。

  

 

 

周りのゲームプランナーの中にも、一般大学出身の方は普通にいました。

 

なので、「一般大学だからゲーム業界に行けないかも……」と思う必要はないかと思います。

 

 

 

どこの学部からでもゲームプランナーは目指せる

 

学部はどこでも大丈夫です。

 

実際、知り合いのゲームプランナーは「商学部」「政治経済学部」「歴史学科」など様々の方がいます。

 

個人的には、どこの学部が有利とかも特にないとは思っています。

 

 

 

一般大学からゲームプランナーを目指すなら「経験」が大事

 

どんな経験でも大丈夫です。

 

「他の人よりも熱く語れる分野があって、実際にどのように打ち込んできたか」についてロジカルに話せれば、通過率は高くなるはずです。

 

 

自分の場合は、学生時代に小説制作とゲーム制作をしていた経験をもとに話しました。

 

そこで、ゲームプランナーの内定を貰った感じです。

 

 

 

とりあえず、いま大学生とかであれば、基本無料で使えるゲーム制作エンジン「Unreal Engine」をインストールして、簡単なゲームを作ってみると良いですよ。

 

この本があれば、基礎的な使い方はひと通り学べます。

 

 

ゲームプランナーになる方法② 専門学校を卒業してゲームプランナーになる

 

このパターンもけっこう多い印象です。

 

実際、知り合いの中にも、専門学校出身のゲームプランナーの方は多くいます。

 

 

ゲームプランナーは「大学卒」「専門学校卒」どっちが多い? 

 

 
体感としては、半々くらいという印象です。

 

もちろん、ひとりひとりに聞いて回った訳じゃないので確証はないですが……

 

周りのゲームプランナーの話を聞く感じは、半々くらいかなと。

 

 

 

ただ、メガベンチャーと言われる規模が超デカいベンチャー系のゲーム会社の場合は、大学卒の方が多い印象です。

 

 

とはいえ、ゲームプランナーの場合は基本的に「面接勝負」

 

エントリーシートが通過した後は「面接勝負」です。

 

最終的には「人柄」「経験」で合否が判断されます。

 

 

「大学であれ、専門学校であれ、在学中に何をするか」が重要だと思っています。

 

何はともあれ、しっかり勉強することが大事です。

 

自分が知っているゲームの専門学校だと「アミューズメントメディア総合学院 」とかかな。

 

とりあえず色々な専門学校の説明を受けて、自分に合った学校を選ぶ方が良いかと思います。

 

 

 

ゲームプランナーになる方法③ アルバイトからゲームプランナーになる

 

このパターンも少ないながらチラホラと見かけます。

 

実際、アルバイトからゲームプランナーになった人もいます。

 

 

ゲームプランナーの制作補助のバイトから始める

 

 

ゲーム会社の中には、「ゲームプランナーの制作補助」というアルバイトを募集している所があります。

 

簡単に言えば、ゲームプランナーのお手伝いをする仕事のことです。

 

ネタ出しをして貰ったり名称案を考えて貰ったりといった感じです。

 

 

 

ゲームプランナーに興味があるなら、まずは「ゲームプランナーの制作補助」から始めるっていうのもアリかなと思います。

 

ぶっちゃけ、お金を貰いつつ、ゲームプランナーから直接仕事の仕方を学べるので、お得だと思います。

 

 

とはいえ、そんなに募集してはいないと思うので、見つけるのは難しいかもです。

 

 

 

 

ゲームプランナーになる方法④ 他業種からゲームプランナーに転職する

 

このパターンもたまに見かけます。

 

実際、フロムソフトウェアの現社長の宮崎さんも「元々は非ゲーム系の業界からフロムソフトウェアに転職した」という話です。

 

 

 

近い業界であればゲームプランナーになれる確率は高そう

 

例えば、こんな感じの業界で働いている人は、ゲームプランナーと親和性が高いかと思います。

 

 

リアル脱出ゲームの運営企画

 

アプリ/ソフトウェアの仕様設計

 

ボードゲームやカードゲームの運営企画

 

 

上記職業は、わりとゲームプランナーに転職しやすそうかなと思っています。

 

「遊び方・ルールを設計して、ユーザーに遊んで貰う」のは、ゲームプランナーも同じなので。

 

 

ゲーム制作系の案件を探すのであれば、とりあえず【マイナビクリエイター】 とかでOKです。

 

ゲーム制作系の案件が揃っているので。

 

 

 

おわりに:ゲームプランナーになりたいなら行動あるのみ

 

とりあえず、方法としてはこんな感じだと思います。

 

学生であれば、まずは学校の情報を集める感じですね。

 

社会人であれば、学校もいいけど、サクっと転職して現場で学ぶのもアリかなと思います。

 

 

 

ということで、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

  

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter