クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【本音】ゲームクリエイターに英語力は必要か【ほぼ不要】

【本音】ゲームクリエイターに英語力は必要か【ほぼ不要】

概要:現役ゲームプランナーの視点から「ゲームクリエイターに英語力は必要かどうか」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

 

ゲームクリエイターに英語力は必要か【結論:ほぼ不要】

 

結論から言えば、「日系のゲーム会社の現場にて英語を使用することはほぼない」です。

 

実際、今までスマホゲームと家庭用ゲームを作って来たけれど、マジで1ミリも使っていないです。

 

実体験です。

 

 

 

日系のゲーム会社ではほぼ英語は使わない

 

少なくとも、下記職種においては、日常的に「英会話」を求められるっていうことはほぼないと感じています。

 

 

 

ゲームプランナー

デザイナー

プログラマー

サウンド

  

 

 

なので、「ゲームクリエイターって英語が使えないとダメなのかな……」と不安になる必要はないと思います。

 

ただ、あくまで日系のゲーム会社で働く場合です。

 

 

 

英語が求められるゲームクリエイターは「極一部」

 

とはいえ、日常的に「英語」が求められるゲームクリエイターもいます。

 

いわゆる「ローカライズ」っていう職種です。

 

 

 

ゲーム制作における「ローカライズ」とは?

 

ローカライズっていうのは、ゲーム内の日本語を外国語に翻訳する職種のことです。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

 

日本語→英語に翻訳

日本語→繫体字に翻訳

日本語→簡体字に翻訳

日本語→ハングルに翻訳

日本語→ドイツ語に翻訳

  

 

 

大体こんな感じだと思います。

 

ローカライズの方については、こんな感じで日常的に外国語を使って仕事を進める感じになります。

 

 

ローカライズは基本的にネイティブの方が担っている

 

「英語が得意です!」って言ったところで、ローカライズに回されることはほぼないと思います。

 

なぜなら、ローカライズは基本的に各国のネイティブの方が翻訳しているためです。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

アメリカの方が日本語→英語に翻訳

 

中国の方が日本語→中国語に翻訳

 

ドイツの方が日本語→ドイツ語に翻訳

 

 

もちろん、日本の方がローカライズになる場合もあるけれど、それはけっこう特殊な経歴の方だと思われます。

 

国籍は日本だけれど長いあいだ外国に住んでいたとか。

 

 

なので、「TOEICの点数が高いから」「英検を持っているから」とかでローカライズに回ることはほぼないと思います。

 

 

 

外資系のゲーム会社でも「英語」が求められることはまれだと思う

  

自分はフリーランスのゲームクリエイターとして働いているので、色々とゲーム制作系の案件が届きます。

 

中には、外資系のゲーム会社からオファーが届くこともあります。

 

でも、条件に「英語が必須」なんてことは今のところ見たことないですね。

 

 

そもそもオファー自体も丁寧な日本語で書かれているので。

 

 

外国のゲーム会社で働く場合は「英語」は必須

 

日本から飛び出してアメリカのゲーム会社とかに行くとかであれば、それはさすがに「英語」は必須になってくると思います。

 

 

 

 

ゲームクリエイターになるのに「英語」は勉強しなくてよいのか?

 

日系のゲーム会社で働く場合は、特別な勉強をする必要はないと思っています。

 

実際、自分もほとんど使っていません。

 

名称を考える際に「外国語」を調べるくらいですかね。

 

 

 

外国の会社に外注をする場合は英語を使うかも

 

外国の会社に外注依頼をする場合は、外国の方とチャットをする必要が出てくるかもしれません。

 

とはいえ、頻度としてはそこまである訳ではないので、気にする必要はないかなと思います。

 

 

もし外国の方とやり取りをしなければならない状況があっても、ゲーム会社には語学堪能なスタッフがいるので、不安になる必要はないです。  

 

 

 

 

ゲーム会社に行きたいなら英語より「プログラミング」を学んだ方が良い

 

プログラミングの知識は、ゲーム制作をするにあたってかなり役に立ちます。

 

プログラマーは、当然として。

 

「ゲームプランナー」「デザイナー」「サウンド」であっても、軽いプログラミングの知識程度はあった方が便利だと思います。

 

 

 

例えば、ゲームプランナーの場合で言えば、仕様書を書く際に「どのように処理するか」が分からないと、おそらく仕様書は書けないと思います。

 

アクションゲームの制作の場合は、特に処理が必要になります。

 

 

 

他の職種の方であっても、大なり小なり、処理について考える必要があるかと思います。

 

なので、英語を勉強するよりは「プログラミング」を学んだ方が夢の実現に近いと思います。

 

ゲーム系のプログラミング知識が学べる場所は、こんな感じだと思います。

 

 

  

ゲームクリエイターに英語は不要。別の勉強をしよう

 

英語ができる方は、それはそれで強みだと思います。

 

ただ、ゲームクリエイターを目指すために、「英語を学ぶ」という手段はちょっと微妙かなと思います。

 

それよりは、 ゲームを作ったりプログラミングを学んだりした方が役に立つと思います。

 

 

ということで、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

  

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter