クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【実体験】ゲームクリエイターを目指すなら進路は4つ【結論:新卒最強】

【実体験】ゲームクリエイターを目指すなら進路は4つ【結論:新卒最強】
概要:現役ゲームプランナーの実体験から「ゲームクリエイターを目指せる進路」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

 

ゲームクリエイターを目指すなら進路は4つ

 

結論は、次の4つです。

 

 

 

大学または大学院

 

専門学校

 

アルバイトから始める

 

インディーズゲームを作って実績を作る

 

 

 

実体験から言えば、大体こんな感じだと思います。

 

ちょっと1個ずつ解説しますね。

 

 

 

大学または大学院からゲームクリエイターを目指すという進路

 

ぶっちゃけ、王道ですね。

 

ゲームクリエイターの大半は、「専門学校卒」「大学卒」「大学院卒」です。

 

実際、ゲーム業界の知り合いもほとんどそんな感じです。

 

 

 

自分の場合は大学卒業→カプコンのゲームプランナーへ 

 

 

詳しく言うと、明治大学の政治経済学部→株式会社カプコンという感じです。

 

大学では、政治経済について勉強しつつ、空いた時間にて「小説制作」「ゲーム制作」をしていました。

 

大手ゲーム会社を中心に就職活動をして、幾つか内定を貰った中からカプコンを選んだ感じです。

 

 

 

こんな感じですね。

 

一般大学からでも普通にゲームクリエイターは目指せます。

 

ぶっちゃけ、学部とかはあまり関係ないです。

 

 

 

それよりは「学生時代に何をしていたか」の方が100倍重要です。 

 

 

 

大学からゲームクリエイターを目指すなら制作実績を作っておこう

 

残念ですが、大学の勉強そのものが評価されることはほとんどないです。

 

実際、就職活動をしていた頃、在学中の成績の話なんて1ミリも出ませんでした。

 

それよりよく聞かれたのは「在学中に何をしていたか」ですね。

 

 

自分の場合で言えば、「小説執筆」「ゲーム制作」について話した感じです。

 

この経験から、「ゲームの制作活動に活かせると思います」という感じでアピールしていました。

 

結果として、幾つかのゲーム会社から内定を貰えました。

 

 

 

なので、制作実績のアピールは、そこそこ有効かなと思います。

 

とはいえ、一般大学にてゲームの作り方は学べないので、プログラミングスクールとかで基礎だけでも学ぶとかですかね。

 

 

 

 

 

専門学校からゲームクリエイターを目指すという進路

 

これも王道ですね。

 

実際、ゲーム制作の現場には、専門学校卒のゲームクリエイターもたくさんいます。

 

カプコンにいた頃は、むしろ専門学校卒の方が多かった印象ですね。

 

 

 

専門学校からゲームクリエイターを目指す人は学校の勉強をがんばるでOK

 

 

専門学校の場合は、大学と違って、「企画」「イラスト」「プログラミング」「サウンド」等について専門的に勉強できる環境が整っているはずです。

 

「ガチで勉強して、スキルをつける」でOKです。

 

とりあえず成績優秀者を目指しつつ、コンテストに作品を出していく感じですね。

  

 

 

大体こんな感じだと思います。

 

尚、専門学校卒のゲームクリエイターの方の話を聞いていると、コンテスト等にて優秀な成績を出している人が多い印象です。

 

 

ゲームジャムに優勝したとか、イラストの賞を貰ったとかですね。 

 

 

 

専門学校はどこにすればいいのか?

 

ぶっちゃけ、「アミューズメントメディア総合学院」とか、有名なゲームの専門学校だったらOKです。

 

ゲーム業界への就職実績が豊富にあるので、安心ですね。

 

 

 

 

アルバイトからゲームクリエイターを目指すという進路

 

アルバイトからゲームクリエイターになるっていうパターンも、若干だけどあります。

 

実際、ゲーム会社の現場には、そういう方もいます。

 

ぶっちゃけ、一番安全なのは【学生をしつつゲーム会社でアルバイトをする】だと思います。

 

 

アルバイト→正社員のゲームクリエイターを狙うのもアリ

 

ゲーム会社では、まれにアルバイトを募集していることがあります。

 

基本的なアルバイトの内容としては、こんな感じですね。

 

 

ゲームプランナーの制作補助(ネタ出し、名称案出し等)

 

デザイナーの制作補助(レタッチ、トリミング)

 

デバッグ(ゲームのバグチェック)

  

 

 

大体こんな感じです。

 

ただ、ゲーム会社のアルバイトは、滅多に募集されることはないので、ちょくちょく企業のHPをチェックした方が良いと思います。

 

 

 

インディーズゲームからゲームクリエイターを目指すという進路

 

Steamとかでゲームを売って、ある程度の実績を作ってから目指す感じです。

 

ぶっちゃけ、あまり再現性はないかと思います……

 

ただ、少ない例ながらも、インディーズゲームから大手ゲーム会社に就職した人とかもいます。

 

 

例えば、有名な例で言えば、『Downwell』開発者のもっぴん氏とかですね。

 

アクションゲームの『Downwell』が評価されて、任天堂に入社した感じです。

 

 

 

また、知り合いの例で言えば、Steamにて多くのインディーズゲームを作った実績から、大手ゲーム会社に就職した方もいます。

 

なので、「インディーズゲームからゲームクリエイターを目指す」っていう進路もアリかなと思います。

 

 

ただ、運の要素が強いので、学生をしながらとかの方が安全です。

 

 

 

結局、新卒からゲームクリエイターを目指す進路が一番安全

 

 

事実から言うと、現代の日本では、やっぱり「新卒→就職」が強いです。

 

新卒っていうだけで、色々なゲーム会社の新卒採用を受けられるので。

 

既卒とかになると、応募条件が「業界経験者」とかになってしまうので、新卒よりはゲーム会社に入り辛いですね。

 

 

なので、基本的には、 「専門学校」「大学」「大学院」⇒ゲームクリエイターを目指す、って感じが基本になるかと思います。

 

 

 

ということで、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

  

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter