クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【現役開発者が教える】ゲーム業界の面接対策【超実践的です】

【現役開発者が教える】実践的なゲーム業界の面接対策

概要:現役ゲームプランナーの実体験から「ゲーム業界の面接対策」について紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

現役開発者が教える「ゲーム業界の面接対策」

 

実体験からの結論は、4つです。

 

 

開発に貢献できることをアピールする

 

あらかじめ質問を想定しておく

 

戦略的にポートフォリオを用意する

 

論理的に話す

 

 

 

開発者視点から言えば、対策方法はこんな感じですね。

 

ゲーム会社の面接には、開発者も関わるので、ある程度は確度が高いと思います。

 

 

実体験をもとに1個ずつ解説します。

 

 

 

ゲーム業界の面接対策①:開発に貢献できることをアピールする

 

具体的には、こんな感じです。

 

 

ゲーム会社の面接を受ける際は「〇〇を通じて開発に貢献したい」とアピールした方がウケやすいと思います。例えば、こんな感じです。

・学生時代に銃/モンスターのデザインが好きでずっと描いてきました
・これらのデザインを通じて、開発に貢献したいです

このように具体的だと更に良いと思います。 

 

 

具体的にどのように貢献したいかをアピールできると良い

 

開発者視点で言えば、「貢献内容は具体的な方がイメージしやすい」ですね。

 

例えば、「プログラミングができます」と言っても、人それぞれ得意分野が違うはずです。

 

もう少し具体的に言った方が開発者ウケは良いですね。

 

 

例えば、以下の通りです。

 

 

 

・キャラアクションの制御全般が得意なので、アクションゲームのプレイヤー制作に貢献したいです

 

・AI制御全般が得意なので、アクションゲームの敵制作に貢献したいです

 

・サーバー構築/管理全般が得意なので、オンラインゲームのサーバー構築/管理に貢献したいです

 

 

 

こんな感じですね。

 

開発者視点で言えば、具体的に貢献内容を言ってくれた方が推しやすいです。

 

例えば、以下の通りです。 

 

 

開発者A「あの子、キャラアクションの制御が得意って言ってたので、ウチのアクションチームに欲しいです」
 
開発者B「あの子、キャラデザが得意って言ってたので、ウチのアドベンチャーゲームに欲しいです」

 

  

採用面接の裏側では、こんな感じの話をしています。

 

なので、「具体的にどう貢献したいか」をアピールした方が通過しやすいはずです。

 

 

 

 

ゲーム業界の面接対策②:あらかじめ質問を想定しておく

 

ぶっちゃけ、ゲーム業界の面接の質問はほぼ決まっています。

 

テンプレ質問は、以下の通りです。

 

 

ゲーム業界の面接におけるテンプレ質問一覧

 

 

好きなゲームとその理由

 

なぜゲーム業界を志望しているのか

 

なぜ他のゲーム会社ではなくウチのゲーム会社なのか

 

ゲームを通じて何をしたいのか

 

もし嫌いなジャンルのゲームを作ることになった場合どう思うか

 

 

 

この辺は、もはやテンプレ質問ですね。

 

実際、就職活動をしていた頃も100回くらいは聞かれたと思います。

 

それくらいテンプレ質問です。

 

  

質問は想定しておけば怖くない

 

 

答えられない時って、ただ用意していないだけなので。

 

不意に聞かれるから「え……どう答えよう」と考えるのだと思います。

 

でも、大丈夫です。想定しておけば、ほとんど答えられます。

 

  

質問を想定しておくって、超重要です。

 

実際、現場で働いている自分でさえ、企画書/仕様書の説明をする際は、事前に質問を想定しているので。

 

用意してなかったら、自分でも答えられないですね。

 

 

大事なのでもういちど貼っておきます

 

ぜひ以下の質問に答えられるようにしておいてください。 

 

 

 

好きなゲームとその理由

 

なぜゲーム業界を志望しているのか

 

なぜ他のゲーム会社ではなくウチのゲーム会社なのか

 

ゲームを通じて何をしたいのか

 

もし嫌いなジャンルのゲームを作ることになった場合どう思うか

 

 

 

 事前に用意しておくだけでも、通過率は上がるはずです。

 

 

ゲーム業界の面接対策③:戦略的にポートフォリオを用意する

 

具体的には、以下の通りです。

 

 

ゲーム会社の面接を受ける際は、ポートフォリオの中に、そのゲーム会社が好みそうな作品も少しあると更に良いかなと思います。

 

アクションゲーム系のゲーム会社に行くなら、アクション系のゲームを用意するとかですかね。デザイナー志望であれば、武器防具のデザインを用意しておくとか。

 

 

ゲーム会社に合わせたポートフォリオの用意も大事

 

例えば、ダークファンタジー系のゲーム制作を得意としている会社に「カートゥーン調のデザイン」を持って行っても、ウケは悪いと思います。

 

おどろおどろしいモンスターのデザインを用意した方がウケは良いはずです。

 

ゲームプランナー志望であれば、ダークファンタジー系の企画書を用意しておくとかですね。

 

 

尚、企画の立て方を勉強したい人は『ゲームプランナー入門』を見ればOKです。

 

 

ゲーム業界の面接対策④:論理的に話す

 

話し方も超重要ですね。

 

なぜなら、緊張もあってか、質問内容と異なる回答をする学生が多いからです。

 

分かります。実際、自分も面接に慣れていない頃はそうだったので……

 

 

でも、大丈夫です。論理的に話すコツはあるので。

 

 

論理的に話すコツは「PREP法」

 

ぶっちゃけ、PREP法を使えば、簡単に論理的に話せます。

 

PREP法とは、以下の通りです。

 

 

 

①結論(Point) 

  ↓

②理由(Reason)

  ↓

③具体例(Example)

  ↓

④結論(Point)

 

 

 

基本的には、この順に話していけば、問題ないです。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

 

面接官「好きなゲームとその理由は?」

 

 

結論:バイオハザードです

 

理由:なぜなら、一歩すすむ度に恐怖が感じられるゲームデザインになっているためです。

 

具体例:例えば、扉を開けるとゾンビがいたり、窓から犬が飛び出てきたり、用心して進まないといけないようになっています。

 

結論:だからバイオハザードが好きです

 

 

こんな感じですね。

 

基本的には、聞かれた事に対して「~です。なぜなら~」で返せば、大きな破綻は起きないはずです。

 

ぜひ意識して使ってみてください。

 

 

ちゃんとできるようになれば、面接の通過率がグッと高まるはずです。

 

 

本命のゲーム会社の面接を受ける前に

 

ぶっちゃけ、面接は慣れです。

 

緊張して上手く話せない人は、合同説明会に行って、社会人と話す練習をした方がいいですね。

 

実際、自分は合同説明会に行って、修行をしていました。

 

会場にはたくさんの面接官がいるので、超勉強になりますよ。

 

 

尚、合同説明会なら参加者内定率96%のMeetsCompany とかでOKです。

開催回数がとにかく多いので、練習になるはずです。 

 

 

ちゃんと面接対策をすれば、ゲーム会社に行ける確率は高いはず

 

ぶっちゃけ、今の時代は以前よりもゲーム会社に就職しやすくなっていると思います。

 

なぜなら、ゲームの市場が大きくなっているためです。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

 

・VR(仮想現実)

 

・AR(拡張現実)

 

・スマホゲーム

 

・家庭用ゲーム

 

 

 

自分が就活していた頃は、家庭用ゲームくらいしかなかったので。

 

ぶっちゃけ、門戸は広くなっています。

 

たとえ、いくつ落ちても、改善さえ重ねていけば、きっと上手くいくはずですよ。

 

 

 

最後にまとめです。

 

現役開発者が教えるゲーム業界の面接対策【まとめ】

 

 

開発に貢献できることをアピールする

 

あらかじめ質問を想定しておく

 

戦略的にポートフォリオを用意する

 

論理的に話す

 

 

今回は、こんな感じで終わりたいと思います。

 

尚、ゲーム業界にて就職活動をする前に知っておいて欲しいことをまとめた書籍を作ったので、学生の方はぜひ見てください。