クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【実体験】ゲーム業界は転職が多いのか?→結論:多い

【実体験】ゲーム業界は転職が多いのか?→結論:多い

概要:現役ゲームプランナーの立場から「ゲーム業界はなぜ転職が多いのか」について紹介! 

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

 

ゲーム業界は転職が多いのか?

 

結論から言うと、「転職は当たり前」というくらい多いです。

 

事実、ゲーム会社にいると、しょっちゅう、”別のゲーム会社に転職する人"を見かけます。

 

もちろん、別のゲーム会社から転職してくる人もかなり見かけます。

 

 

実際、自分も転職経験があるくらいです。

 

 

 

ゲーム業界の転職率・離職率はどれくらいか

 

各ゲーム会社における3年後の離職率は、以下の通りです。

 

 

ソニー・インタラクティブエンタテイメント  0%

任天堂 2.0%

バンダイナムコエンタテイメント 15.6%

スクウェア・エニックス 27.3%

コナミデジタルエンタテイメント 12.0%

カプコン NA

 

出典:東洋経済新報社 就職四季報 2021年版

 

3年後の平均離職率は、ソニーと任天堂を除けば、約18.3%です。

 

10人中2人は、入社してから3年以内に退職する計算です。

 

辞める理由は様々聞くけれど、やっぱり多いのは「別のゲーム会社に転職することになりました」っていう理由ですね。

 

 

実際、開発現場にいれば分かると思うけれど、転職話はけっこう日常茶飯事ですよ。

 

尚、未経験からゲームプランナーに転職を検討している方は以下の記事も見てください。

 

 

 

なぜゲーム業界は転職が多いのか

 

基本的な理由としては、以下の通りです。

 

 

 

①別のゲーム開発に携わるため

 

②収入を上げるため

 

③仕事がキツくなって辞める

 

 

 

ちょっと一個ずつ解説しますね。

 

 

関連記事:ゲーム業界への転職の適性年齢


 

 

ゲーム業界における転職理由①:別のゲーム開発に携わるため

 

これは、超多いですね。

 

簡単に言うと、こんな感じです。

 

 

 

・アクションゲームを作りたいからC社に行くわ

 

・RPGゲームを作りたいからS社に行くわ

 

・戦国ゲームを作りたいからK社に行くわ

 

 

 

といった感じです。

 

「え、そんな理由?」って思われるかもしれないけれど、ゲームクリエイターにとってどんなゲームを作るかってけっこう重要なんですよ。

 

自分が興味あるゲームを作れるかどうかって、モチベーションに関わるので。

 

今まで恋愛ゲームを作ってきた方がいきなりアクションゲームのプロジェクトに配属されても、それはやっぱりキツイと思いますね。

 

 

作るゲームでキャリアも変わる

 

思っている以上に「どういうゲームを作るか」というのは重要です。

 

なぜなら、その後のキャリアにも大きな影響があるからです。

 

どういうことかと言うと、"どういうゲームを作ってきたかでその後の仕事の幅が変わる"ということです。

 

 

例えば、自分と同じようにアクションゲームを中心に開発してきたゲームクリエイターであれば、その後もアクションゲームに関する仕事のオファーが多くなるといった感じです。

 

 

関連記事:ゲーム業界のキャリアプランの立て方

 

 

 

 

ゲーム業界における転職理由②:収入を上げるため

 

この理由もかなり多いですね。

 

ゲーム業界は、人手が足りない開発現場が多いので、中途採用の募集がめちゃくちゃ多いです。

 

とくに開発経験者であれば、なおのこと、オファーが掛かります。

 

 

そのため、開発経験者を引き抜くために、都内のゲーム会社では提示額がかなり大きくなりがちです。

 

 

転職するだけで年収が数百万上がることもザラ

 

 

そこそこ実績がある人は、別のゲーム会社に転職することが多いですね。

 

もし、開発者の方で収入に不満がある方は、一度転職エージェントに相談してみるとイイですよ。

 

転職案件と想定年収について教えてくれるので、かなり参考になります。

 

 

 

ゲーム業界の転職エージェントであれば、【マイナビクリエイター】 を使うとイイですよ。

 

ゲーム業界の転職案件に特化しているので、かなり仕事を見つけやすいですね。

 

 

尚、ゲーム業界の年収について気になる方は以下の記事も見てください。

 

 

 

ゲーム業界における転職理由③:仕事がキツくなって辞める

 

そんなに多い理由ではないけれど、あるにはありますね。

 

開発現場によっては、残業が恒常化していて鬼のように忙しい開発現場っていうのもあります。

 

そういう現場だと、疲れて辞めちゃう人も出てきます。

 

 

気持ちは、分からなくないですね。

 

忙しい時期だと、連日深夜まで残って作業することもあるので、それが続くとやっぱりけっこうキツイですよ。

 

 

関連記事:ゲームプランナーはキツイのか

 

 

 

転職せずに一つのゲーム会社に居続けることはできるの?

 

もちろん可能です。

 

ぶっちゃけ、そういう方もけっこういますよ。

 

基本的には「会社を辞めるか」「今の会社に残るか」というのは自分が選ぶことなので。

 

 

いきなり「君、クビ」なんてことはないので、そこは安心してください。

 

もちろん、普通に仕事していればです。

 

 

ゲーム業界に転職が多い理由

 

最後にまとめです。

 

ゲーム業界は、実体験から言って、「転職が当たり前くらい」に転職が多い業界です。

 

理由としては、先ほど紹介したように、以下の通りです。

 

 

 

①別のゲーム開発に携わるため

 

②収入を上げるため

 

③仕事がキツくなって辞める

 

 

 

基本的には、こんな感じです。

 

もし、少しでも当てはまる人は、転職を検討してみるのもありかもしれません。

 

 

とはいえ、ぶっちゃけ、別のゲーム会社に転職するのは怖い

 

  • 「別のゲーム会社でやっていけるかな」
  • 「別のゲーム会社でも通用するかな」

 

とかって考えちゃいますよね。

 

実際、自分も別のゲームに転職する時は不安でしたね。

 

でも、そんなに心配する必要はないですよ。

 

 

転職したところで仕事内容そのものが大きく変わるわけではない

 

ゲームプランナーならゲームプランナーの仕事をするだけだし、プログラマーならプログラマーの仕事をするだけです。

 

転職を検討しているなら【マイナビクリエイター】 でエージェントの方に一回相談して、条件を伝えれば、転職案件を持って来てくれるので楽ですよ。

 

 


将来的にゲームクリエイターをめざしている方へ

 

ゲームクリエイターとしての制作スキルを身に付けたい方は、専門学校で勉強しておくと良いですよ。

ゲームプランナー/デザイナー/プログラマーなど業務に必要となる知識について実践的に学べるので。

 

アミューズメントメディア総合学院 は、ゲーム業界でも卒業生の方が多いので、進路先の候補として良いかなと思います。

 

 

それでは、今回はこんな感じで終わりたいと思います。