クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【現役プランナー】ゲームの仕様書の書き方【見本/例公開】

【現役プランナー】ゲームの仕様書の書き方【見本例あり】

概要:現役ゲームプランナーの立場から「ゲームの仕様書の書き方」について紹介! 

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

 

そもそもゲームの仕様書とは?

 

簡単に言えば、以下の通りです。

 

 

実装するに伴って必要となる処理/アセット等について指定した設計書のこと

 

 

※アセットとは「モーション」「エフェクト」「モデル」などゲーム上にて使用する素材のこと

 

 

ゲームの仕様書=建築物の設計図

 

家を建てる際に「設計図はねーけど、とりあえず工事すっか」なんてないですよね?

 

設計図がなければ、どこに何を作ればいいか何が必要となるかも分かりません。

 

ゲーム開発でも同じです。

 

 

ゲーム内に新規実装物を実装する際には「どんな処理が必要で何が必要になるのか」について示した設計図が必要となります。

 

すなわち、仕様書です。

 

なんとなくイメージしてもらえましたかね?

 

 

ちなみに、仕様書は基本的に”ゲームプランナー”が作成することになるので、ゲームプランナー志望の方はぜひ最後まで記事を読んでもらえればと思います。byわたなべりょう

 

尚、ゲームプランナー志望の方は以下の記事も見てみてください。

 


 

 

 

ゲームの仕様書には何を書けばいいのか?

 

結論から端的に言えば、以下の通りです。

 

 

 

プログラマー/デザイナー/サウンドの方々が実作業に移れるように実装するにあたって必要となる処理/アセット等について記載する

 

 

 

一言で言えば、こんな感じになるかなと思います。

 

ちょっとイメージし辛いですよね?

 

仕様書に記載する内容についてもう少し具体的に深掘りしていきます。

 

 

 

仕様書に書くべき要件とは

 

仕様書に記載する内容は、ザックリ以下の通りになるかと思います。

 

 

 

どういった事をしたいのか(使用すると体力が回復する薬草を作りたい)

 

どういった処理が必要か(使用すると所持量が1個減る/体力が回復する等)

 

どういったアセットが必要か(薬草モデル/食べるモーション/回復エフェクト/回復SE等)

 

どういったデータが必要か(回復量を指定できるようにして欲しい等)

 

いつまでに実装しなければならないのか(次のアップデート前まで等)

 

 

 

仕様書に記載する内容は、大体こんな感じになると思います。

 

色々と書いているけれど、イチバン重要なことは1つです。

 

 

ゲームの仕様書を書くうえでのポイント

 

ポイントは、以下の通りです。

 

その仕様書を見て、各担当者の方が問題なく作業に移れる程度の内容になっているか

 

プログラマー/デザイナー/サウンドの方々に見て頂いて特に問題なく作業に移れる程度の内容になっていれば、基本OKです。

 

ぶっちゃけ、書き慣れていない内は「書けない……私には向いていないかも……」となると思います。

 

大丈夫です。慣れです。自分も新人の頃は書けずに落ち込んでいたので。

 

 

尚、仕様書にはフローチャートを書く場合もあるので、ゲームプランナー志望の方はぜひ以下の記事も読んでみてください。

 

 

 

ゲームの仕様書の書き方の見本【サンプル公開】

 

ゲームの仕様書についてなんとなくイメージしてもらえましたかね?

 

ぶっちゃけ、サンプルがないと想像し辛いですよね。

 

では、実際に『マリオ』に登場するハテナブロックの仕様書について簡単に書いてみます。

 

 

マリオのハテナブロックの仕様書

マリオのハテナブロック

画像引用元:任天堂『スーパーマリオメーカー2』より

 

 

マリオのハテナブロックの仕様書の見本

 

 

・1×1のボックスコリジョンを用意

 

・ボックスには乗ったりぶつかったりすることができる

 

・見た目はハテナが描かれたボックス画像にして欲しい

 

・ボックスの下にマリオの頭が当たるとランダムにアイテムが排出(カス当たりOK)

 

・マリオの頭が当たった際にブロックが揺れるアニメーションを入れたい

 

・頭が当たった際に衝突音を鳴らして欲しい

 

・抽選確率と排出アイテムはゲームプランナー側にて指定する

 

・アイテムは必ずボックスの真上から出現する

 

・アイテム出現後は「効果がなくなったこと」を示すために無地のボックス画像に差し替える

 

 

 

試しに簡単にザックリ書いてみました。

 

本来はイメージイラストも付けてより詳細に指定する必要があるけれど、仕様書の見本としてはこんな感じかなと思います。

 

だいぶイメージしてもらいやすくなったんじゃないかなと思います。

 

 

尚、企画書の書き方について興味がある方は、ぜひ自著も覗いてみてください。

 

 

 

 

ゲームの仕様書の書き方のコツ

 

最後にもう一度まとめておきますね。

 

 

ゲームの仕様書とは

実装するに伴って必要となる処理/アセット等について指定した設計書のこと

 

 

ゲームの仕様書に書くべき内容

 

 

どういった事をしたいのか(使用すると体力が回復する薬草を作りたい)

 

どういった処理が必要か(使用すると所持量が1個減る/体力が回復する等)

 

どういったアセットが必要か(薬草モデル/食べるモーション/回復エフェクト/回復SE等)

 

どういったデータが必要か(回復量を指定できるようにして欲しい等)

 

いつまでに実装しなければならないのか(次のアップデート前まで等)

 

 

 

とりあえず、上記のポイントを抑えておけば、仕様書としては問題ないかと思います。

 

ただ、最初に言った通り、ぶっちゃけ、書き慣れていないと書き上げるのは難しいです。

 

もしゲームプランナーをめざしているのであれば、今のうちに仕様書を書く練習をしておくと現場に入ってから楽だと思います。

 

 

アミューズメントメディア総合学院 には、ゲームプランナー専門学科があるので、興味がある方は一度調べてみるといいと思います。

 

企画書/仕様書/調整などプランナー業務に必要となる知識について実践的に学べるので。

 

 

関連記事:専門学校の学費はいくらくらい?