クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【実体験】ゲームプランナーに実技試験はある?←会社による

【実体験】ゲームプランナーに実技試験はある?←会社による

概要:現役ゲームプランナーの立場から「ゲームプランナーに実技試験はあるのかどうか」について紹介! 

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

 

ゲームプランナーに実技試験はあるのか?

 

結論から言えば、会社による感じです。

 

ゲーム会社によっては、ゲームプランナー志望者に実技試験を課す会社もあります。

 

実際、学生時代に就活していた頃、ゲームプランナー専用の実技試験を受けたことがあります。

 

 

ゲームプランナーの実技試験って必ずあるの?

 

 

ゲームプランナー志望者に実技試験を用意しているゲーム会社は、少ない印象です。

 

実際、学生時代に複数のゲーム会社の就職試験を受けたけれど、実技試験を課されたのは数回程度でした。

 

基本的にはあまりないと思って貰ってOKです。

 

 

 

尚、ゲーム業界の面接対策に興味がある方は、以下の記事も読んでみてください。


 

 

 

ゲームプランナーの実技試験ってどんな感じ?

 

試験内容は、会社によるけれど、大枠の方向性は以下の通りです。

 

 

 

・テストのように一定時間内に企画書を書き上げる形式

 

・例えば「1時間以内に企画書1本作ってください」といった感じ

 

・テーマを提示されることもある(例えば「四字熟語」がテーマ等)

 

 

 

大体こんな感じだと思います。

基本的には「一定時間以内に企画書を書き上げる」形式が多いと思います。

 

実際、学生時代に受けたゲームプランナー専用の実技試験では、「制限時間内に1本の企画書を作成してください」といった感じでした。

 

また、面接官から「テーマ」が提示されて、そのテーマに沿った企画書を書くこともありました。

 

 

関連記事:【実体験】ゲーム会社のグループディスカッションのコツ

 

 

 

ゲームプランナーの実技試験対策

 

ゲームプランナーとなったいま考える実技試験対策は、以下の通りです。

 

 

 

・制限時間以内に必ず提出する

 

・目的と手段を書く

 

・ゲーム画面についてイメージしやすいようにする

 

 

 

1個ずつ解説していきます。

 

 

制限時間以内に必ず提出する

 

実技試験の時間は、あえて短くしている気がします

 

意図は「納期までに仕事を収める意識があるかを判断する」ためだと思います。

 

成果物なし=仕事していないことになるので、必ず制限時間内に出しましょう。

 

 

目的と手段を書く

 

目的とは、"そのゲームを通じて、ユーザーにどんな体験をさせたいのか"というコンセプトのことです。

 

手段とは、"目的を達成するためにゲーム内にどんな要素を入れるのか"ということです。

 

企画書は、設定資料集ではないので、就活レベルでは世界観/キャラ紹介は不要です。

 

尚、企画書の書き方については自著にまとめているので、参考にしてみてください。

 

 

ゲーム画面についてイメージしやすいようにする

 

企画書は説明書ではないため、文字ビッシリというのはあまりしないです。

 

基本的には、イメージ画面を添えながらゲームのコア要素をアピールしていくと良いと思います。

 

 

関連記事:【実体験】ゲーム業界のES通過率を高める3つの方法

 

 

 

 

結論:会社によってはゲームプランナーの実技試験はある

 

最後にもう一度まとめておきますね。

 

実技試験の内容は、以下の通りになるかと思います。

 

・テストのように一定時間内に企画書を書き上げる形式

 

・例えば「1時間以内に企画書1本作ってください」といった感じ

 

・テーマを提示されることもある(例えば「四字熟語」がテーマ等)

 

 

実技試験の対処方法は、先ほど紹介した通りです。

 

具体的には、以下の通りです。

 

 

 

・制限時間以内に必ず提出する

 

・目的と手段を書く

 

・ゲーム画面についてイメージしやすいようにする

 

 

 

とりあえず上記ポイントを抑えておけば、落ちる確率は下げられるかと思います。

 

基本的には「制限時間以内に提出して」「目的と手段が書かれていれば」及第点だと思います。

 

欲を言えば、ターゲット設定もできていると◎ですね。

 

 

関連記事:【現役開発者】ゲーム開発におけるターゲットの決め方

 

 

今回はこんな感じで終わりたいと思います。ではではー。