クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【本音】ゲームしないのにゲーム業界はオススメしない

【本音】ゲームしないのにゲーム業界はオススメしない概要:現役ゲームプランナーの立場から「ゲームしないのにゲーム業界はオススメしない話」について紹介! 

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

 

結論:ゲームしないのにゲーム業界はオススメしない

 

理由は、以下の通りです。

 

 

 

トレンドに付いていけなくなるため

 

開発者同士のコミュニケーションが取り辛くなるため

 

 

 

上記理由から「ゲームしないのにゲーム業界をめざす」はオススメしないです。

 

実際に開発現場にいる視点から一個ずつ解説していきます。

 

 

尚、ゲームクリエイターの働き方について興味がある方は、以下の記事も読んでみてください。

 

 

 

理由①:トレンドに付いていけなくなるため

 

開発現場では、最新ゲームのトレンドを把握しておくことは重要です。

 

なぜなら、開発/運営中のタイトルに活かすことができるためです

 

例えば、以下の通りです。

 

 

 

・多人数バトルロワイアルのゲームが流行っているからバトロワ要素を入れる

 

・NFTが流行っているからNFT要素を入れる

 

・メタバースが流行っているからメタバース要素を入れる

 

・UGC(ユーザー生成コンテンツ)が流行っているからUGC要素を入れる

 

 

 

このように、基本的には最新トレンドを意識しながらゲーム開発をしている感じです。

 

そのため、普段からゲームをしていないと、ゲーム業界の最新トレンドに付いていくのは難しいと思っています。

 

実際、開発現場では、他社のゲームについて言及するシーンも多いですよ。

 

・「あのゲームのあんな感じにできないかな?」

 

・「他社ではNFTを取り入れているからウチもそろそろ取り入れたいな」

 

こんな感じですね。

 

そのため、ゲームをしていないと、話に付いていくのはけっこう難しい印象です。

 

当たり前のように他社のタイトルの話題がバンバン出るので、ゲームをしていないとマジで「?」だと思います。

 

 

関連記事:【本音】ゲーム会社におけるゲーム開発の難しさ【就活生必見】

 

 

 

理由②:開発者同士のコミュニケーションが取り辛くなるため

 

ゲーム業界は基本的にゲーム好きな人が多いため、ゲームをしていないと、コミュニケーションは取り辛くなるかと思います。

 

もちろん、会話中にゲームの話ばかりしている訳ではないです。

 

ただ、やっぱりゲームの話題は多いですね。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

 

「最近、どんなゲームやってます?」

 

「オススメのゲームってありますかね?」

 

「あのゲームってやってます?」

 

 

 

このように、ゲームは共通の話題として切り出しやすいので、ぶっちゃけ、ゲームをしている方がコミュニケーションは取りやすいです。

 

 

コミュニケーションを取るうえで共通の話題は大事

 

自分はテコンドーとカポエイラをしているけれど、いきなりテコンドーの話されてもよく分からないかと思います。

 

「ターンチャギって目回りませんか?」とか言い出しても、多くの人にとっては意味不明だと思います。

 

だから、共通の話題となるゲームの話が切り出しいやすいんですよね。

 

逆に言えば、ゲームをしていないと共通の話題も少なくなるため、コミュニケーションが取り辛いかもです。

 

 

関連記事:コミュ障でもゲームプランナーになれるのか?←結論はYES

 

 

 

 

まとめ

 

最後にもう一度まとめておきますね。

 

ゲームしないのにゲーム業界をめざすのはオススメしない理由は、以下の通りです。

 

 

 

トレンドに付いていけなくなるため

 

開発者同士のコミュニケーションが取り辛くなるため

 

 

 

もちろん、人によってはゲームできない事情もあると思うため、「必ずしもゲームをすべき」だと思いません。

 

結婚して子供がいれば、ゲームする時間もなかなか取れないと思うので。

 

ただ、ゲーム業界をめざすのであれば、ゲームはしておいた方が色々と役に立つと思います。

 

 

尚、ゲーム業界を中心に就活しようと思っている方は、ぜひ就活前に自著も読んでみてください。

 

 

 

 

今回はこんな感じで終わりたいと思います。ではではー。