クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

メタバース仮想通貨The Sandbox 特徴&購入方法

メタバース仮想通貨The Sandbox 特徴&購入方法概要:メタバースゲーム「The Sandbox(仮想通貨SAND)」特徴&購入方法について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスタ?ー》」

 

ゲームクリエイターの立場からNFTゲーム仮想通貨について紹介!

 

※購入するかどうかについては自己責任にて判断してください


 

尚、仮想通貨「SAND」特徴と購入方法については動画にもまとめているので、ぜひブログ記事と一緒に見てみてください。

 

 

 

 

 

メタバースゲーム「The Sandbox」とは

引用元:The Sandbox 公式チャンネル

 

まずは上記ゲームプレイ動画を観てみてください。

 

『The Sandbox』とは、簡単に言えば、『マインクラフト』に近いゲームです。

 

プレイヤーの遊び方は、以下の通りです。

 

 

 

・プレイヤーとしてボクセルアートからなる広大な世界に旅に出てモンスターを倒したり友達と交流したりすることができる

 

・クリエイターとして武器を作ったりオブジェクトを作ったりして販売することができる

 

・クリエイターとして『The Sandbox』内にゲームを制作することができる

 

 

 

遊び方は、大体こんな感じです。

 

尚、22年1月現時点ではまだプレイすることはできません。

 

21年12月に体験版が公開されたばかりとなるため、本格的に遊べるようになるのはもう少し先になります。

 

 

 

 

『The Sandbox』は「プレイして稼ぐ」がコンセプト

メタバースゲーム「The Sandbox」とは

画像引用元:The Sandbox 公式サイト

 

『The Sandbox』とは、Play To Earn(プレイして稼ぐ)がコンセプトなるメタバースゲームです。

 

そのため、『The Sandbox』には様々な収益化方法が用意されています。

 

具体的な収益化方法は、以下の通りです。

 

 

 

ゲームで遊び、報酬を稼ぐ

 

ゲームを作り、収益化する

 

アセットを制作して、マーケットで販売

 

 

 

収益化方法は、上記の通りです。

 

それでは、一個ずつ解説していきます。

 

 

 

 

 

① ゲームで遊び、報酬を稼ぐ

① ゲームで遊び、報酬を稼ぐ

画像引用元:The Sandbox 公式サイト

 

『The Sandbox』は、ゲームを遊ぶだけで仮想通貨SANDを稼ぐことができます。

 

例えば、21年12月に行われていたα版テストに参加した際には、上記画像の通り、最大1000SAND(日本円にして56万円)稼ぐことができました。

 

このように、『The Sandbox』はプレイするだけでも報酬が得られる設計になっています。

 

実際、α版テスト時には「5,000,000SAND(日本円にして約25億円)」が無料配布されました。

 

ただ、ここまでの大盤振る舞いは、α版テスト時だけになるかなとは思っています。

 

 

尚、当Twitterをフォローしておいて貰えれば、『The Sandbox』に関する最新情報について見逃さずにキャッチできると思います。

 

 

 

② ゲームを作り、収益化する

② ゲームを作り、収益化する

画像引用元:The Sandbox 公式サイト

 

 

『The Sandbox』では、「The Sandbox Maker」と呼ばれるゲーム開発エンジンを通じて、メタバース上にゲームを構築することができます。

 

「The Sandbox Maker」を使えば、プログラミング知識がなくても簡単にゲームを制作することができる感じです。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

引用元:The Sandbox 公式チャンネル

 

 

上記動画はThe Sandbox Makerを通じて作成されたゾンビゲームになります。

 

「迫りくるゾンビを倒し切れば勝ち」というゲームです。

 

このように、The Sandbox Makerを使えば、『The Sandbox』内にゲームを配信することができます。

 

ゲームを開発することで、クリエイターとして報酬金を貰うことができます。

 

尚、実際にゲームを配信するためには「GAME MAKERS FUND」にてクリエイターとして登録する必要があります。

 

 

 

 

③ アセットを制作して、マーケットで販売

③ アセットを制作して、マーケットで販売

画像引用元:The Sandbox 公式サイト

VoxEdit」と呼ばれる開発エンジンを使用することで、自分だけのボクセルベースのNFTを作成することができます。

 

例えば、剣を作ったり盾を作ったり服を作ったり帽子を作ったりなどすることができる感じです。

 

また、作成したNFTはマーケットプレイスにて実際に販売することができます。

 

例えば、下記の通りです。

 

 

上記画像は『The Sandbox』のマーケットプレイスです。

 

このように、ユーザーが作成したボクセルアート(椅子、絨毯、ソファなど)が販売されています。

 

尚、現在、ボクセルアートの価格は非常に高騰しています。

 

実際、上記ボクセルアートは20万円程度にて販売されていて、リアルに売れています。

 

 

 

 

 

The Sandboxには166,464区画の土地がある

The Sandboxには166,464区画の土地がある

画像引用元:The Sandbox 公式サイト

 

『The Sandbox』はプレイヤーが所有する「土地」の集合体から構成されています。

 

土地は166,464区画から構成されています。

 

土地は購入することで所有することができます。

 

尚、土地を所有するメリットは、以下の通りです。

 

 

 

・ホストとしてゲームを配信する

 

・自分の住居を作る

 

・自分の土地にてイベントを企画する

 

・土地を売却して収益化することもできる

 

 

土地の価格は現在かなり高騰していて、高い場所だと1区画1000万円ほどすることも珍しくないです。

 

ただ、あまり人気がない僻地とかだと10万円程度で購入することもできます。

 

 

 

 

 

仮想通貨The Sandbox(SAND)時価総額&チャート推移

仮想通貨SAND 時価総額&チャート推移

画像引用元:coinmarketcap 公式サイト

 

 

現在価格 1SAND約674円

 

ウォッチリスト(お気に入り数) 約208万

 

時価総額 約6205億円

 

 

 

時価総額6205億円ということで、仮想通貨プロジェクトの中ではかなり大きいプロジェクトになるかと思います。

 

また、ウォッチリストが200万代ということで、非常に注目されているプロジェクトだと分かります。

 

 

仮想通貨The Sandbox(SAND) チャート推移

仮想通貨The Sandbox(SAND) チャート推移

画像引用元:coinmarketcap 公式サイト

 

当初の価格は1SAND3円程度でした。

 

しかし、21年11月頃には最高値となる1SAND970円程度まで跳ね上がりました。

 

つまり、約300倍です。

 

もし初期の頃に持っていれば、あっという間に億万長者という感じです。

 

 

 

 

【Bybit】仮想通貨The Sandbox(SAND) 購入方法

 

仮想通貨SANDは国内取引所では扱っていないため、海外取引所の口座を開設する必要があります。

 

海外取引所BybitにはSANDがあるため、購入する場合はBybitの口座を開設してください。

 

買い方の手順は、以下の通りです。

 

 

 

手順① メールアドレスを登録する

 

手順② KYC(本人認証)Lv1について完了する

 

手順③ 日本円→USDTに変換する

 

手順④「BTC」から「USDT」に交換する

 

手順⑤ USDTからSANDを購入する

 

 

 

手順は、上記の通りです。

 

これより先は実際に画面を見ながら作業して貰った方が分かりやすいため、Bybitにてメールアドレスを登録して口座開設をしてから読み進めてください。

 

では、1個ずつ解説していきます。

 

 

 

手順① Bybitにてメールアドレスを登録する

手順1 Bybitにてメールアドレスを登録する


Bybitをクリックすると、上記画面に飛びます。

 

アドレスバーにメールアドレスを入力して「口座開設する」をクリックしてください。

 

その後、登録したメールアドレスに口座確認メールが届きます。

 

口座確認メールに添付されているリンクをクリックしてください。

 

 

お疲れ様です。これにて口座開設完了です。

 

 

 

手順② KYC(本人認証)Lv1について完了する

手順② KYC(本人認証)Lv1について完了する


ホームページ右上に表示されている「人型アイコン」にマウスカーソルを合わせてください

 

アカウント&セキュリティ」が表示されるため、クリックしてください。

 

アカウント情報ページに飛びます。

 

アカウント情報ページに記載されている「本人確認」をクリックしてください。

 

 

本人確認の方法

 

「本人確認」をクリックすると、下記いずれかの証明書の提出が求められます。

 

 

 

・パスポート

 

・運転免許証

 

・マイナンバーカード

 

 

 

どれか一つあればOKです。

 

スマホにて写真を撮って「提出ボタン」を押してください。

 

その後、本人確認のため、インカメラが起動するので自分の顔を映してください。

 

 

お疲れ様です。これで取引ができるようになりました。

 

 

できれば二段階認証も済ませておこう

 

別に今すぐ設定する必要はないと思うけれど、時間があれば「SMS認証」「Google認証」を設定しておくといいと思います。

 

セキュリティが強化されます。

 

 

 

 

手順③ 日本円→USDTに変換する

手順③ 日本円→USDTに変換する

 

仮想通貨SANDを購入するためには、日本円から別の仮想通貨に交換する必要があります。

 

そのため、ホームページ左上に表示されている「暗号資産の購入」をクリックしてください。

 

下記画面が表示されます。

 

 

 

支払い:日本に在住しているのであれば、「日本円」になると思います

 

受取り:USDT(=ドルにペッグされた仮想通貨のこと。1USDT=1ドル)に指定しておけばOKです

 

サービスプロバイダーを選ぶ:クレジットカード決済するための決済会社のことです※1社しかないため「OnRamp」を選んでください

 

 

上記内容に問題がなければ、決済してください。

 

入力した日本円がUSDTに変換されます。

 

例えば、1万円と入力すれば、だいたい90USDTと交換できます。

 

 

尚、クレジットカード決済のみとなります。

 

また、日本円からUSDTに変換する場合、決済手数料が掛かるため注意してください。

 

※日本円からUSDTを購入した方は、手順⑤に移ってください。

 


 

 

手順③' 手数料が取られたくない場合は国内取引所からBTCを送金しよう

 

ぶっちゃけ、オススメの両替方法は以下の通りです。

 

 

 

・国内取引所にてBTC(ビットコイン)を購入する

 

・BybitにてBTC→USDTに両替する

 

 

 

上記方法がオススメです。

 

なぜなら、手数料がほぼ掛からないためです。

 

尚、BybitにてUSDTに両替できる仮想通貨は以下の通りです。

 

・BTC

・EOS

・XRP

・DOT

・BIT

 

上記銘柄から「USDT」に両替する分については、手数料はほぼ掛かりません。

尚、Bybitへの送金方法は、以下の通りです。




上記画面より「資産→現物アカウント→BTC→入金→BTCウォレットアドレス」からBTCのウォレットアドレスをコピーしてください。

 

BTCウォレットアドレスをコピーした後、国内取引所から先ほどコピーしたウオレットアドレス宛にBTCを送金してください。

 

これで、BybitにBTCを送金することができます。

 

 

 

 

 

手順④ 「BTC」から「USDT」に交換する



手順③または手順③'が無事に完了すれば、「現物アカウント」にBTCが入っていると思います。

 

しかし、現物アカウントに置いているままではUSDTを購入することはできないため、デリバティブアカウントにBTCを移す必要があります。

 

現物アカウント」内のBTCの横にある「振り替える」を押してください。

 

「現物アカウント→デリバティブアカウント」にしてください。

 

これでOKです。BTCを使ってUSDTを購入してください。

 

 

手順⑤ USDTを利用してSANDを購入する

 

お疲れ様です。

USDTに変換できれば、あとは簡単です。

下記手順にて仮想通貨SANDを購入することができます。

 

 

 

上記画面より「現物→USDT建てで計算する→SAND/USDT→SANDを買う」にて仮想通貨SANDを購入することができます。

 

これにて完了です。

尚、いま当サイトから限定キャンペーンに参加して初回入金(対象資産0ドル以上)した場合、期間限定にて全員10 USDTクーポン(日本円にして1100円程度)が貰えるのでぜひ試してみてください。

 

 

 

まとめ:仮想通貨The Sandbox 特徴&購入方法

 

 

 

 

 

関連記事:メタバース仮想通貨ブロックトピアとは←デジタル不動産

関連記事:ゲーム『ロブロックス』収益化方法【ロバックスを稼ぐ】

関連記事:【Bybit】メタバース仮想通貨REALとは【買い方も解説】

関連記事:NFTゲーム仮想通貨TaleCraftとは【購入方法付】

関連記事:【DeHorizo​​n】メタバース仮想通貨DEVTとは【購入方法付】

関連記事:ゲーム系仮想通貨「WEMIX」とは【購入方法も解説】

関連記事:【草コイン】メタバース系仮想通貨4選【めざせ100倍】

関連記事:ゲーム系仮想通貨SpaceFalconとは【エアドロ入手方法】

関連記事:メタバース仮想通貨QBIT(ProjectQuantum)とは【購入方法】

関連記事:メタバース仮想通貨RACA(ラジオカカ)とは【購入方法】

関連記事:シンボルジム(XYM)ステーキングのススメ【年利8%】

関連記事:仮想通貨METAHEROの将来性と特徴【購入方法付】

関連記事:競馬ゲーム仮想通貨「DeRace」特徴&購入方法

関連記事:ゲーム系仮想通貨「STAR ATLAS」特徴&購入方法

関連記事:【Bybit】ゲーム系仮想通貨「Gala」特徴&購入方法

関連記事:NFT運動ゲームGenopets特徴&将来性【購入方法付】