クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

タクティクスオウガ│章タイトル一覧

タクティクスオウガ│章タイトル一覧

概要:『タクティクスオウガ』 に登場する章タイトルについて一挙紹介!

 

 

タクティクスオウガ│章タイトル一覧 早見表

 

タクティクスオウガ 第1章 タイトル

・僕にその手を汚せというのか

 

タクティクスオウガ 第2章 タイトル

・誰も僕を責めることはできない

・思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから

 

タクティクスオウガ 第3章 タイトル

・欺き欺かれて

・すくいきれないもの

・駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

 

タクティクスオウガ 第4章 タイトル

・手をとりあって

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第1章タイトル 僕にその手を汚せというのか

 

章タイトルから分かる通り、第一章から陰鬱なストーリーになっています。

 

主人公は、ある過酷な選択肢を迫られます。

 

その様子を体現した章タイトルになっていると思います。

 

騎士レオナール「話は聞かせてもらった。やはり説得は難しいようだな。いや、気にしなくていい。こうなることはわかっていたんだ…。よく聞いてくれ…。これから町の住人を一人残らず殺すんだ」

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第2章タイトル 誰も僕を責めることはできない

 

第一章の問いに対して「Yes」と答えた場合は、第2章「誰も僕を責めることはできない」へ。

 

「誰も僕を責めることはできない」とは、良い表現だと思います。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第2章タイトル 思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから

 

第一章の問いに対して「No」と答えた場合は、第2章「思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから」へ。

 

青臭い表現だけれど、主人公の行動を表現した良い表現だと思います。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第3章タイトル 欺き欺かれて

 

章タイトルの通り、謀略が張り巡らされた章となっています。

 

シンプルだけど、適格な章タイトルです。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第3章タイトル すくいきれないもの

 

なかなかにシリアスな章です。

 

全員は救いきれない、という意を込めた章タイトルになっています。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第3章タイトル 駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

 

『タクティクスオウガ』の中では、最も詩的な章タイトルになっていると思います。

 

韻を踏みつつ、二つの言葉が逆の意味になっているのが面白い章タイトルです。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│第4章タイトル 手をとりあって

 

手をとりあって……

 

単純だけれど、奥深いゆえ、章タイトルの最後に相応しいと思います。

 

気になる人は、ぜひプレイしてみてください。そのため、ネタバレは極力避けました。

 

 

 

 

タクティクスオウガ│章タイトル一覧 まとめ

 

タクティクスオウガ 第1章 タイトル

・僕にその手を汚せというのか

 

タクティクスオウガ 第2章 タイトル

・誰も僕を責めることはできない

・思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから

 

タクティクスオウガ 第3章 タイトル

・欺き欺かれて

・すくいきれないもの

・駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

 

タクティクスオウガ 第4章 タイトル

・手をとりあって

 

 尚、タイトルの作り方について興味がある方は、以下記事も見てみてください。