クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

【はてなブログ】個人ブログでもWeb小説は読まれる

【はてなブログ】個人ブログでもWeb小説は読まれる
概要:個人ブログにてウェブ小説を掲載している視点から「個人ブログでもWeb小説は読まれる」という話をしたいと思います。

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

【はてなブログ】個人ブログにてWeb小説を掲載した結果

 

はてなブログにてWeb小説を掲載した結果としては、個人ブログでもそこそこ読まれるという印象です。

 

当ブログでは、自著ダークファンタジー小説『LANCASTER《ランカスター》』を掲載しています。

 

ダークファンタジー小説『LANCASTER《ランカスター》』とは

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

現在、下記各種プラットフォームにて、絶賛連載中!

 

▼エブリスタ

https://estar.jp/novels/25734692

 

▼アルファポリス

https://www.alphapolis.co.jp/novel/273525405/908432974

 

▼Pixiv

https://www.pixiv.net/novel/series/1432353

 

▼ノベルアップ+

https://novelup.plus/story/277321143

 

▼MAGNET MACROLINK

https://www.magnet-novels.com/novels/66473

 

当ブログでは、今でこそ、ブログを経由して、上記小説の外部リンクを公開しています。

 

しかし、元々は、ブログのみにて連載していました。

 

それでも、当時のページビューについては、数百~数千程度ありました。

 

「小説家になろう」等に連載されているウェブ小説のページビューと比べれば、少ないと思われるかもしれません。

 

しかし、個人ブログという点を考慮すれば、「そこそこ読まれた」と言ってもいいのではないかと思っています。

 

 

【はてなブログ】ブログ小説のメリット・デメリット

 

個人ブログにて小説を連載するメリット・デメリットについては、以下の通りです。

 

▼メリット

  1. 競合相手が一切いない
  2. ランキングを気にする必要がない
  3. ブログをブックマークしてくれる

 

▼デメリット

  1. 最初は全く読まれない
  2. 認知を得ることが難しい

 

ブログ小説については、競合相手が一切いないので、ブルーオーシャンだと思っています。

 

しかし、読まれるようになるまでには、非常に時間が掛かります。

 

実際、ダークファンタジー小説『LANCASTER《ランカスター》』についても読まれるようになるまでに1~2年くらい掛かっています。

 

 

【はてなブログ】ブログ小説には可能性がある

 

現在、世の中には、複数の小説投稿プラットフォームがあります。

 

小説投稿プラットフォームでは、毎日日夜、幾つもの作品が投稿されています。

 

そのため、小説投稿プラットフォームに投稿したところで、ほとんど読まれません。

 

一方、ブログであれば、他作品に埋もれることは一切ないです。

 

 

そのため、個人的には、長期スパンで見た場合、ブログ小説の方が息が長いと思っています。

 

しかし、現在、筆者はあえて小説投稿プラットフォームを利用しています。

 

その理由については、気が向いた時にでも、下記ラジオで話そうかと思います。