クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

【西洋史】騎士の誓いの儀式・言葉~騎士の叙任式~

【西洋史】騎士の誓いの儀式・言葉~本当に跪くのか~

概要:『騎士の誓いの儀式・言葉』について一挙紹介!

 

 

中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

 
 

【創作知識】騎士の誓いの儀式・言葉について

 

騎士になるためには、主君から叙任を受ける必要がありました。

 

叙任の儀式は、以下の通り行われました。

 

騎士となる者は主君の前にて跪いて頭を垂れる

主君は長剣の平を以て騎士となる者の肩を叩く

 

こうした儀式を経て、正式に騎士として認められるようになります。

 

尚、儀式の際に誓いの言葉があったかどうかは定かではないです。

 

しかし、映画などでは、しばしば、演出として「忠誠、公正、勇気、武勇、慈愛、寛容、礼節、奉仕」などの騎士道を口にすることがあります。

 

個人的には、漫画・小説・映画にて「叙任の儀式」を描きたい場合は、誓いの言葉があった方が雰囲気を出せるかなと思います。

 

参考動画:エリザベス女王による叙任の儀式


 

 

【創作知識】騎士がマントを身につける意味・理由

 

騎士がマントを付ける意味理由①:環境の影響を遮断するため

 

金属鎧は、寒い場所では、とてつもなく冷たくなります。

 

一方、暑い場所では、太陽光を吸収して高温になります。

 

それだけではありません。

 

長い旅路の間、雨風に晒され続ければ、錆びる可能性もあります。

 

こうした外部的影響を避けるために、マントを身に着けていました。

 

 

騎士がマントを付ける意味理由②:防護としての役割

 

金属鎧とはいえ、槌による直撃を受ければ、ダメージを受けてしまいます。

 

マントにより、外形をぼやかしたり、絡めとったりすることで、ダメージの軽減を図っていたようです。

 

16世紀の一部書物では、騎士のマントは盾として描かれていました。

 

 

 

【創作知識】騎士っぽいセリフについて

 

映画などでよく見られる騎士は、しばしば、古き騎士道に基づいた騎士像から描かれています。

 

騎士道では、以下のような徳が説かれていました。

 

忠誠、公正、勇気、武勇、慈愛、寛容、礼節、奉仕

 

騎士を描きたい場合は、徳を大切する者として描けば、雰囲気は出せるかと思います。

 

 

【創作知識】騎士の名乗りについて

 

映画などでは、しばしば、騎士の決闘は名乗りを上げてから行われます。

 

由縁としては、騎士道の教えに「公正であるべき」とあるためだと思われます。

 

実際に名乗りを上げていたかどうかは、定かではないです。

 

 

【創作知識】騎士と騎兵と戦士の違いについて

 

騎士とは、あくまで主君から叙任された者のことです。

 

騎士は、馬に乗らなくても騎士です

 

一方、騎兵とは、主に馬に騎乗して戦闘行動を取る兵士のことです。

 

また、戦士とは、戦場で戦う兵士のことです。

 

 

 

【創作知識】騎士が弓を使うのは卑怯だった!?

 

騎士の十戒の中には、「初めに弓引く者に不幸あれ。かの者は肉弾戦に能わぬ臆病者なのだ」とされていました。

 

 

【創作知識】中世ヨーロッパ 騎士・貴族の挨拶(お辞儀)

 

中世ヨーロッパを舞台とした映画では、しばしば、紳士が胸に手を当てて挨拶をしたり、淑女がスカートの端をつまみあげて挨拶したり等することがあります。

 

これらの挨拶を、何というかご存知でしょうか?

 

男性の挨拶:bow and scrape(ボウアンドスクレープ)

女性の挨拶:curtsey(カーテシー)

 

これらの挨拶は、貴族社会にて、目上の人に対して行われていたようです。

 

起源については、よく分かりません。

 

ただ、1600年頃の西欧の書物には、ボウアンドスクレープをする男性の絵が描かれていました。

 

 

【創作知識】片側にだけマントを付ける着方

 

漫画・映画等にて、軍人が右肩にだけマントを着ている姿を見たことないでしょうか?

 

片方の肩に羽織るマントの正式名称は、ペリースと言います。

 

ペリースは、15世紀頃のハンガリーの騎兵(通称、ユサール)が着用していたものとなります。

 

漫画等では、中世ヨーロッパの騎士がまれにペリースを着用していることがあるけれど、実際にはなかっただろうと思います。

 

 

【創作知識】騎士の苗字はどんな苗字?

 

イギリス・フランス辺りでは、12世紀頃より、職業に由来する苗字が使われていました。

 

多い苗字としては、Smith(読み:スミス。意味:鍛冶屋)がありました。

 

そのほかの苗字としては、以下の通りです。

 

Baker(ベイカー):パン屋

Butler(バトラー):執事

Carpenter(カーペンター):大工

 

等々

 

 

 

【創作知識】騎士の年収は2シリング、弓兵の年収は4ペンス

 

カリフォルニア大学デービス校によって発表されたレポート「中世の価格」によれば、騎士の年収は以下の通りとなります。

 

騎士の年収:2シリング

見習い騎士(エクスワイア)の年収:1シリング

 

尚、レポートでは、「1シリングが日本円レートにしていくらになるのか」については換算できないと書かれていました。

 

しかし、同レポートによれば、2羽の鶏の値段が1ペンス程度と書かれていました。

 

12ペンスは、1シリングと書かれていました。

 

つまり、騎士の年収は、24羽の鳥を購入できるほど余裕があったみたいです(当時の肉は貴重)。

 

尚、弓兵の年収は、4ペンスと書かれていました(=8羽の鳥を購入できる程度)。

 

参考:Medieval Price List

 

 

【創作知識】馬に乗らなくても騎士は騎士

 

ファンタジー作品に登場する騎士は、しばしば、馬に乗って登場します。

 

そのため、騎士とは、馬に乗って戦う人のことだと思われる方もいるかと思います。

 

しかし、実際には、騎士とは、あくまで叙任された者のことを指します。

 

そのため、馬に乗っていない者であっても、騎士と呼ばれます。

 

 

【創作知識】騎士にはエスクワイアと呼ばれる従者が付き従った

 

エスクワイアとは、日本語でいえば、見習い騎士のことです。

 

騎士になる前に、ひとりの騎士に付き従って、騎士の勉強をする期間となります。

 

エスクワイアは、騎士様の身の回りの世話はもちろん、騎士様の盾・甲冑を担いで、戦場に出るといったことをしました。

 

そのため、「盾持ち」と呼ばれることもありました。

 

 

 

【創作知識】女性の騎士も実在した

 

騎士といえば、男性のイメージがあるかと思います。

 

しかし、実際には、歴史上において、女性の騎士も実在しました。

 

例えば、実在した女性騎士としては、1395年にアグネス・ホトと呼ばれるイングランド人の女性騎士がいました。

 

アグネス・ホトは、女性でありながら、馬上槍試合において男性に勝利したとされています。

 

そのほかの例としては、1381年にブルターニュ公ジャン5世が創設したアーミン騎士団のメンバーの中には、女性騎士がいたとされています。

 

尚、女性騎士の勲章は、デイムと呼ばれました。※男性はナイト

 

 

【創作知識】騎士の時代の終わりは15世紀末~16世紀

 

戦場における騎士の役割は、15世紀末~16世紀頃には、大して重要ではなくなっていきました。

 

なぜなら、剣よりも破壊力がある砲台・鉄砲が現れたためです。

 

 

【創作知識】騎士の訓練はどんな感じだったのか?

 

見習い騎士(エスクワイア)の場合は、付き従っている騎士に剣の稽古などをつけて貰っていました。

 

一方、騎士については、剣の稽古はもちろん、甲冑を纏って戦える強靭な肉体作りをしていました。

 

騎士であるジャン2世・ル・マングル(1366-1421)の書物によれば、騎士の訓練として、「城壁をよじ昇る」「岩を持ち上げ投げる」といったものがありました。

 

 

 

【創作知識】騎士の言葉遣いは基本的には丁寧だった

 

騎士は、領主・貴族とも親交がありました。

 

そのため、権力者・貴族たちの前でも恥ずかしくないような教養と言語を身に付けていました。

 

 

【創作知識】騎士の尊称は「sir(サー)」だった

 

騎士の尊称としては、「sir(サー)」が使われていました。

 

13世紀頃の書物には、騎士に対してsir(サー)が使用されていました。

 

尚、女性の騎士に対しては「Dame(デイム)」が使用されていました。

 

 

【創作知識】騎士の服装の名称・呼び方について

 

一般的な騎士の服装は、以下の通りです。

 

サーコート:サーコートとは、チェインメイル(鎖かたびら)の上に着る服のことです。十字軍のサーコートには、赤い十字架が描かれていました。

 

チェインメイル:チェインメイルとは、矢傷、刀剣による裂傷を防ぐための防具のことです。指輪のような輪状の鉄が幾重にも織り込まれたものとなります。

 

ベルト:ベルトには、剣を吊るしたり、水筒を吊るしたり等をしていました。

 

プレートアーマー:一般的には、騎馬に乗り込みながら敵陣に突進する際には、チェインメイルではなく、プレートアーマーのように、より防護性の高い防具が使用されました。

 

ソールレット(またはサバトン):ソールレットとは、鉄靴のことです。鉄靴のため、戦場にて馬に踏まれたとしても、足の骨が折れることはなかったようです。

 

 

【創作知識】騎士が手袋を付けていた意味とは

 

騎士は、しばしば手袋を携行していました。

 

理由としては、以下の事由が挙げられるかと思います。

 

  1. いつでも剣を握れるようにするため
  2. 馬の手綱を握れるようにするため
  3. 時には決闘を申し込むため

 

【創作知識】騎士は学校または大学に行っていたのか?

 

ファンタジー作品では、しばしば、騎士見習いが学校に行く描写があるかと思います。

 

しかし、実際には、先ほど説明した通り、騎士見習い(エスクワイア)は、ひとりの騎士に付き従って、騎士の勉強を行いました。

 

そのため、騎士になるために、騎士専門の学校に行くということはありませんでした。

 

【創作知識】騎士は盾を装備していたのか?

 

騎士と言えば、剣のイメージが強いと思います。

 

しかし、実際には、盾も使用していました。

 

例えば、テンプル騎士団の騎士は、馬に乗りながらカイトシールドと呼ばれる盾を使用していました。

 

また、エスクワイア(見習い騎士)が主人の盾を運ぶこともありました。

 

尚、実在する盾の種類については、以下記事を見てください。

 

 

 

創作に役立つ中世ヨーロッパ知識一覧

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版