クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

【ラノベ・漫画】三点リーダー(……)の心理効果

【小説・漫画】三点リーダー(……)の使い方と効果
概要:現役ゲームプランナーの視点から「三点リーダー(……)の心理効果」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

  

尚、小説の書き方について更に学びたい方は、ぜひ以下書籍をみてください。  

 ▼本書の特徴

・プロの小説家から"小説の書き方全般"について学べる

・"会話の書き方"について深く学べる

  

創作に役立つ関連記事

 

【小説・漫画】三点リーダー(……)の使い方:点は2つ繋げて偶数にして使用する

 

三点リーダー(……)は、基本的には「……」というように、点の数が偶数個になるように使用します。

 

理由としては、特に明確な理由はないです。

 

しかし、出版業界では、伝統的に「……」と点の数が偶数個になるように使用されてきました。

 

そのため、特別な理由がない限り、「……」と点の数が偶数個になるように使用した方が良いかと思います。

 

※ゲーム・漫画では、フキダシ・テキストウィンドウの都合上、「…」と点の数が一個になる場合もあります。

 

 

【ラノベ・漫画】三点リーダー(……)の心理効果①:沈黙を表す

 

三点リーダー(……)は、沈黙を表すのに非常に有効です。

 

例えば、以下の通りです。

 

A「お前、あの娘のこと、好きだろ?」

B「……」

 

このように、三点リーダー(……)を使用することで、沈黙を表すことができます。

 

  

【ラノベ・漫画】三点リーダー(……)の心理効果②:言い淀みを表す

 

三点リーダー(……)は、言い淀みを表すのにも非常に有効です。

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 「……あのさ」
  2. 「……言い辛いんだけどさ」
  3. 「……体調が悪くて」

 

このように、三点リーダー(……)を使用することで、言い淀むような雰囲気を出すことができます。

 

 

【ラノベ・漫画】三点リーダー(……)の心理効果③:瀕死を表す

 

三点リーダー(……)は、瀕死状態を表すのにも非常に有効です。

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 「はやく……逃げ……ろ」
  2. 「俺はいい……犯人を……追いかけろ」

 

このように、三点リーダー(……)を使用することで、瀕死状態を表現することができます。

 

 

【ラノベ・漫画】三点リーダー(……)の心理効果:まとめ

 

三点リーダー(……)の心理効果は、以下の通りです。

 

  1. 沈黙を表す
  2. 言い淀みを表す
  3. 瀕死を表す

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版