クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと

概要:「ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

  

尚、小説の作り方について更に学びたい方は、ぜひ以下書籍をみてください。  

 ▼本書の特徴

・プロの小説家から"小説の書き方全般"について学べる

・"会話の書き方"について深く学べる

 

 

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと①:継続して更新する

 

「アルファポリス」「エブリスタ」など各種投稿プラットフォームでは、一般的に、作品を更新した際に「新着一覧」として人目につきやすい場所に掲載されます。

 

その結果、更新してから一定時間の間は読まれやすくなります

 

つまり、ウェブ小説を読んで貰うためには、コツコツと継続して露出することが重要となります。

 

ある程度の認知度を獲得するまでは、とにかくコツコツと継続して更新するしかないと思います。

 

 

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと②:複数のプラットフォームを利用する

 

多くの人にウェブ小説を読んで貰うためには、複数のプラットフォームに投稿した方がいいと思っています。

 

理由としては、以下の通りです。

 

  1. より多くの潜在顧客にリーチできる
  2. ランキングに載れるチャンスが増える
  3. 単純にページビュが増える

 

各種プラットフォームには、各プラットフォームが抱えるユーザーがいます。

 

当然、一つのプラットフォームだけでは、ユーザーの数は限定的となります。

 

しかし、複数のプラットフォームを利用することで、より多くのユーザーにリーチさせることができます。

 

そのため、多くの人にウェブ小説を読んで貰うためには、複数のプラットフォームに投稿した方がいいと思っています。

 

 

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと③:コンテストに参加する

 

各種プラットフォームでは、しばしば、プラットフォーム内にて独自のコンテストを開催しています。

 

コンテストでは、「ファンタジー作品コンテスト」「恋愛作品コンテスト」など、各ジャンルに応じた作品を募集しています。

 

コンテストにて賞を取ることができれば、それだけ注目を集めることができます。

 

参加費については無料となるので、参加した方が得だと思います。

 

 

 

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいこと:まとめ

 

ウェブ小説を読んで貰うためにしておきたいことについては、以下の通りです。

 

  1. 継続して更新する
  2. 複数のプラットフォームを利用する
  3. コンテストに参加する

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版