クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

ゲームクリエイターは副業に強い【そこそこ食べていけると思う】

ゲームクリエイターは副業に強い【そこそこ食べていけると思う】

概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「ゲームクリエイターは副業に強い話」について語ります。

※公開日2020年4月15日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲームクリエイターを目指している

・現在ゲームクリエイターをしている

・ゲームクリエイターの副業について気になる

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「ゲームクリエイターは副業に強い」について語ります。

 

 

 

 

 

 

ゲームクリエイターはスキルを活かしやすい
 

ゲームクリエイターは、仕事柄、ある程度スキルを持っている人が多いです。

 

デザイナーならイラストを描けるし、プログラマーならプログラムを書けるし、ゲームプランナーなら文章・物語・企画を作成できます。

 

ゲーム制作のスキルは、社外でも大いに役立つ

 

実際、周りには、休日にイラスト制作をしたり、個人ゲームの制作・販売をしたり等して、副業をしている人がいます。

 

僕については、普段、商業ゲームのテキスト制作などをしているため、そのスキルを活かして、ブログ記事の作成や電子書籍の作成をしています。(当然、収益も出ています)

 

僕の場合は、仕事で嫌というほど文章を書いているので、2000~3000字程度の文章なら、1時間くらいあれば、簡単に量産できます

 

こんな感じで、ゲーム業界で働いて身に付けたスキルは、社外でもかなり役立ちます。実体験、周りの体験からも「ゲームクリエイターは副業に強い」という印象です。

 

 

▼ゲームプランナーの仕事について

 

 

副業するならココナラ・DLsite・steam・電子書籍辺りがオススメ


ココナラでは、自分のスキルを販売することができます。例えば、以下の通りです。

 

・フルカラーイラスト作成 1枚20000円~

 

・ランディングページの作成 50000円~

 

・シナリオまたはテキスト制作 5000円~

 

といった感じで、それぞれのスキルに合ったサービスを販売できます。周りのデザイナーは、趣味と実益を兼ねて、ココナラでイラスト制作をしている人が多い印象です。

 

気になる方は、ぜひ一度利用してみて下さい。

 

 

尚、DLsite・steamでは、作成したゲームを販売できます。ゲームクリエイターの場合は、個人でゲーム制作をして、販売する人も少なくないです。

 

実際、周りには、自作ゲームの販売で合計100万くらいの売上を出している人もいました。一発当たれば、大きいので、挑戦する価値は大いにあるな、と思っています

 

電子書籍については、AmazonKDPがオススメです。Amazonなら最大で売上の70%を印税として受け取れます。僕みたいに小説を書くのが好きなら、電子書籍の販売は向いていると思います。

 

 

本業+副業はクリエイターを強くする

 

クリエイターにとって、本業+副業の組み合わせはかなり相性がいいと思います。

 

本業でイラスト制作・動画制作・シナリオ作成などのスキルを磨きつつ、副業でそのスキルを活かせば、収益を得つつも更にスキルを伸ばせます。

 

そうなれば、本業での収入も上がるので、一挙両得かなと。

 

また、副業として個人で活動することで、クリエイターとして名を売ることもできるし、場合によっては、作品が大ヒットする可能性もあります。

 

個人的には、「今後は、本業は本業でしつつ、個人で副業として何かに向き合わなければいけない時代が来るかな」と思っています。

 

だからこそ、今のうちに準備した方がいいかな、と思っています。

 

以上、ゲームクリエイターは副業に強い話でした!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter