クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

創作│魅力的なループもの"あるあるテンプレ設定4種類"

創作│魅力的なループものあるあるテンプレ設定5種類
概要:魅力的なループ系作品に共通して見られる"あるあるテンプレ設定"について一挙紹介!

 

 

 

ハリウッド映画から学ぶストーリーの作り方

▼本書の特徴

物語の作り方ついてハリウッド式脚本術に沿って学べる

・物語の作り方について体系的に学べる

 

  

 

人気ループ作品から学ぶ"魅力的なループ設定"

 

人気ループ作品には、しばしば、各作品に共通して見られるテンプレ設定があります。

 

今回は、人気ループ作品に見られるテンプレ設定について洗い出すことで、魅力的なループ設定について学んでいきたいと思います。

 

 

尚、ストーリーの作り方について気になる方は、以下記事も見てみてください。

 

 

 

創作│魅力的なループものあるあるテンプレ設定①:何度も死んでやり直す

 

魅力的なループ作品では、しばしば、「何度も何度も死んではやり直すという設定が見かけられます。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

『ハッピー・デス・デイ』における魅力的なループ設定

 

  1. 主人公は、誕生日の日に何者かに殺されてしまう
  2. しかし、目覚めると、再び誕生日の朝に戻っていた
  3. ループしている事に気づいた主人公は、何度も殺されながら犯人の正体を追っていく

 

『ミッション:8ミニッツ』における魅力的なループ設定

 

  1. 主人公は、爆破を阻止するために、列車爆発事件の8分前に入り込む
  2. しかし、短い制限時間ゆえに、爆破を阻止できずに何度も死んでしまう
  3. 主人公は、ループを利用して、何度も死にながら《爆弾》と《爆弾犯》を追う

 

 

このように、魅力的なループものの特徴の一つとして「何度も何度も死んではやり直す」が挙げられるかと思います。

 

尚、両作品は、何度も何度も死にながら犯人を追うという"ループ設定にミステリー設定を混ぜた面白い作品"になっていました。

 

AmazonPrimeで観られると思いますので、気になる方は覗いてみてください。

 

※30日間は無料体験として無料で視聴できます

 

 

 

創作│魅力的なループものあるあるテンプレ設定②:ループしていることは周りには言えない

 

魅力的なループ作品では、しばしば、「ループしていることは周りには言えない」という設定が見かけられます。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』における魅力的なループ設定

 

  1. ループしていることに気づいた主人公は、ループしていることについて周囲の人に話そうとする
  2. しかし、ループという言葉を口にした瞬間、黒い影によって殺されてしまう
  3. ループしていることは、決して周りに言えないようになっていた

 

『ハッピー・デス・デイ』における魅力的なループ設定

 

  1. 主人公は、ループしていることについて周囲の人に話す
  2. しかし、バカにされて、ほとんどの人に相手にされなかった

 

 

このように、魅力的なループものの特徴の一つとして「ループしていることは周りには言えない」が挙げられるかと思います。

 

また、仮にループしていることが話せたとしても、大抵の人間はまともに相手にしてくれないというパターンも見かけられます。

 

 

 

尚、『Re:ゼロから始める異世界生活』は、ループ設定を利用することで、何度も死んでは繰り返す絶望的なダークファンタジーになっていて、面白い作品になっていました。

あらすじ

異世界に召喚された少年・スバルが、死して時間を巻き戻す能力「死に戻り」で絶望の運命から未来を拓く!  ――たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。 大人気WEB小説、待望のコミカライズ!

 

 

魅力的なダークファンタジーの特徴について興味がある方は、以下記事も見てみてください。

 

 

創作│魅力的なループものあるあるテンプレ設定③:未来を変えようとする

  

魅力的なループ作品では、しばしば、「未来を変えようとする」という設定が見かけられます。

 

例えば、以下の通りです。

 

  

『未来日記』における魅力的なループ設定

 

  1. ある人物は、ある人物が死んでしまう未来を変えるため、何度も同じ時間を繰り返す
  2. しかし、何度ループしても、助けることはできなかった
  3. ある人物は、未来を変えるため、ある行動を取る 

 

『STEINS;GATE』における魅力的なループ設定

 

  1. 主人公は、奇蹟的にタイムマシンを発明してしまう
  2. それにより、現在の世界線αの延長上には破滅しかないことを知る
  3. しかし、未来を変えるため行動するも、βの世界線にも絶望が待っていた

 

 

このように、魅力的なループものの特徴の一つとして「未来を変えようとする」が挙げられるかと思います。

 

尚、漫画『未来日記』は、デスゲーム+ループという組み合わせによって、非常に面白い作品になっていました。

 

あらすじ

日記が趣味の中学生・天野雪輝は、自分の携帯に未来の出来事が打ち込まれているのを見つける。だが、読み進んだ彼が見たものは、自らの死の記述だった!クラスメイトの少女・由乃を交え、空前のサバイバルゲーム勃発!

引用元:Amazon

 

また、魅力的なデスゲームの特徴について興味がある方は、以下記事も見てみてください。

 

 

創作│魅力的なループものあるあるテンプレ設定④:過去または未来の自分と対決する

 

魅力的なループ作品では、しばしば、「過去または未来の自分と対決する」という設定が見かけられます。

 

例えば、以下の通りです。

 

 

『ルーパー』における魅力的なループ設定

 

  1. タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とする主人公
  2. しかし、ある日、送られてきたのは、未来の自分だった
  3. 現代の自分 vs 未来の自分による壮絶な戦いが始まる

 

 

このように、魅力的なループものの特徴の一つとして「過去または未来の自分と対決する」が挙げられると思います。

 

尚、映画『ルーパー』については、現代の自分vs未来の自分という面白い設定を活かした優れた作品になっていました。

 

AmazonPrimeで観られると思いますので、気になる方は覗いてみてください。

 

※30日間は無料体験として無料で視聴できます

 

 

尚、バトルシーンの描き方について興味がある方は、以下記事も見てみてください。

 

 

 

創作│魅力的なループもの"あるあるテンプレ設定4種類"

 

最後にまとめです。

 

魅力的なループ作品の設定としては、以下の通りでした。

 

 

魅力的なループものあるあるテンプレ設定①:何度も死んでやり直す

魅力的なループものあるあるテンプレ設定②:ループしていることは周りには言えない

魅力的なループものあるあるテンプレ設定③:未来を変えようとする

魅力的なループものあるあるテンプレ設定④:過去または未来の自分と対決する

 

 

ぜひ創作する際に参考にしてみてください。

 

 

 尚、異能力バトル作品を描きたい方は、以下記事も見てみてください。

 

 

 

ハリウッド映画から学ぶストーリーの作り方

▼本書の特徴

物語の作り方ついてハリウッド式脚本術に沿って学べる

・物語の作り方について体系的に学べる