クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

雑用ゲームプランナーから脱却せよ!

雑用ゲームプランナーから脱却せよ!
概要:現役ゲームプランナーの視点から「雑用ゲームプランナーを脱却する方法」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

ゲームプランナーを目指している方については、ぜひ以下書籍を見てみてください。

当書籍は、元バンナムのプランナーによって書かれているため、企画の立て方について参考になる一冊になっています。

 

 

新人ゲームプランナーは雑用しがち!?

 

新人ゲームプランナーの場合、すぐに企画・仕様を担当する事はほぼ無いです。

 

ほとんど先輩プランナーのお手伝いです。

 

以下は、代表的な新人業務です。

 

・宣伝用の写真&動画撮影

・テキスト作成

・議事録作成

・ミーティング準備

・チェックプレイ

・忘年会などのイベント対応

 

周囲の新人プランナーの業務は、こんな感じです。

 

基本的には雑用業務がメインになります。

 

運が良ければ企画書を作ることができます。

 

 

雑用ゲームプランナーは早く抜け出した方がいい

 

企画書・仕様書の上達方法は書くことです。

 

しかし、雑務ばかりをしていると、企画書の書き方も分からないなんてことも……

 

資料作成能力は、ゲームプランナーに必須です。

 

書けないのは、結構致命的になります。最悪、仕事が回って来なくなります……

 

 

 

雑用ゲームプランナーにならない為

 

雑用ゲームプランナーを脱却する良い方法は、以下の通りです。

 

  1. 自分のやりたい事をアピールする
  2. 何か仕事がないかを聞く
  3. 余っている仕事を奪いに行く
  4. ないなら自分で仕事を作る

 

筆者は、こんな感じで働いていました。

 

その結果、テキストやPLの仕事を貰いました。

 

したいと言われて嫌な気する人は少ないです。「じゃあ、これ手伝って」と仕事を貰えると思います。

 

 

 

 

まとめ:雑用ゲームプランナーから抜け出す方法

 

雑用プランナーから抜け出す方法は、以下の通りです。

 

  1. 自分のやりたい事をアピールする
  2. 余っている仕事を奪いに行く
  3. ないなら自分で企画書を書いてみる

 

以上、筆者の実体験からまとめた働き方でした!

 

 

小説「LANCASTER《ランカスター》」:試し読み

 

小説「LANCASTER《ランカスター》」とは、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説のことです。

 

あらすじについては、以下の通りです。

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる――

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事――

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

▼小説プラットフォーム「エブリスタ」にて一部無料公開中!

  

▼書籍購入