クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

中世ヨーロッパの肉はほとんど干し肉だった!?

中世ヨーロッパの肉はほとんど干し肉だった!?

概要:『中世ヨーロッパの肉事情』について一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

 

【中世ヨーロッパ】肉といえば、もっぱら豚肉がメインだった。牛肉はまれ

 

庶民は、滅多に肉を口にする事はできませんでした。

 

 

しかし、祭り・記念日には、家畜の豚を料理しました。

 

とはいえ、今のように冷蔵庫がある訳ではないので、豚肉は基本的に塩漬けにして保存されました。

 

尚、牛肉については、ほとんど口にすることはできなかったようです。

 

理由としては、牛については豚のようにすぐに肥えてまるまる太ってくれるという訳にはいかなかっただめだと言われています。

 

 

【中世ヨーロッパ】貴族が好きな肉は、山鳥・鹿肉など稀少性の高い肉だった

 

貴族も庶民のように豚肉を食べました。

 

しかし、貴族は、稀少性の高い肉を好んでいたようです。

 

当時に稀少性が高かった食用肉は、以下の通りです。

 

  1. 野兎
  2. 山鳥
  3. 鹿

 

尚、庶民でも牛・羊は飼っていました。

 

しかし、牛・羊は貴重な労働力・収益源となるため、食されることは滅多になかったようです。

 

 

【中世ヨーロッパ】肉の食べ方・調理方法

 

肉は、基本的に単純に炙って食されることが多かったようです。

 

塩漬けにしているため、炙るだけでも味はあったと思われます。

 

肉料理を作る際は、塩漬けにした肉を水に戻してから調理しました。

 

味付けとしては、スパイスを利用して大味な味付けが好まれたようです。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版