クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

実体験│ゲームクリエイターは文系・理系どっちが有利?【職種による】

ゲームクリエイターは文系・理系どっちが有利?【職種による】
概要:現役ゲームクリエイターの視点から「ゲームクリエイターは文系・理系どっちが有利か」について一挙紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter

 

 

ゲームクリエイター(プログラマー)は文系より理系の方が有利だと思う

 

実体験から言えば、日系大手ゲーム会社については「理系出身のプログラマーの方が多い印象」です。

 

学科については、様々です。

 

 

ゲームプログラマーの出身学科の例

 

  1. 電気・電子系
  2. 情報工学系
  3. 物理・応用物理系

 

 

ゲームプログラマーの方の話を聞く限り、大体こんな感じだと思います。

 

大体の方は、数字に強い印象です。

 

 

ゲームプログラマーの場合は数字に強い方が良いと思う

 

例えば、オープンワールドのRPGアクションゲームによく見られる複雑な地形のステージの場合、地形に応じて音の鳴らし分けが必要になります。

 

音の鳴らし分けをするには、プログラマーの方の演算処理が必要になって来るかと思います。 

 

 

 

アクションゲームの場合は「ダメージ計算」「速度計算」等もある

 

例えば、ひとえに攻撃力アップと言っても、「加算」もしくは「倍率」で計算が変わります。

 

また、計算の順序によって、結果も変わってくるかと思います。

 

プレイヤーアクションを制作する際は、速度計算の処理も必要になってくると思います。

 

 

 

こんな感じで日頃から数字に接することにはなると思うので、数字には強い方が良いとは思います

  

 

 

ゲームクリエイター(デザイナー)は文系理系というよりは美術系の出身が多い

 

デザイナーの方については、圧倒的に美術系の大学または美術系の専門学校出身の方が多い印象です。

 

実際、デザイナーの話を聞く限り、美術系の学校出身の方が多いです。

 

例えば、カプコン公式サイトによれば、カプコンの2021年度のデザイナーの採用実績校は、以下の通りとなっていました。

 

 

カプコンの2021年度のデザイナーの採用実績校

 

東北芸術工科大学大学院、京都大学、筑波大学、秋田公立美術大学、明治大学、立命館大学、日本大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、大阪芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、名古屋学芸大学、東北芸術工科大学、成安造形大学、神戸芸術工科大学、京都産業大学、デジタルハリウッド大学、吉田学園情報ビジネス専門学校、専門学校九州デザイナー学院、横浜デジタルアーツ専門学校、HAL東京、HAL名古屋、HAL大阪、日本電子専門学校、日本工学院専門学校、東京デザイナー学院、東京コミュニケーションアート専門学校、ECCコンピュータ専門学校、OCA大阪デザイン&IT専門学校、大阪アミューズメントメディア専門学校、トライデントコンピュータ専門学校、バンタンゲームアカデミー大阪校

出典:カプコンI採用情報I新卒採用

 

 

採用実績校を見ても、やはり美術系の学校出身の方が多いと思います。

 

 

デザイナーとしての実績を持っていれば一般の大学からでもデザイナーになれる

 

一般の大学からでもデザイナーになっている方は普通にいます。

 

デザイナーとしてのポートフォリオが揃っていれば、十分にデザイナーになれるチャンスはあるかと思います。

 

 

 

 

ゲームクリエイター(プランナー)は理系より文系の方が多い印象

 

ゲームプランナーについては、圧倒的に文系出身の方が多い印象です。

 

実際、自分の場合、明治大学の政治経済学部という文系学部にいました。

 

また、知り合いのゲームプランナーについてもほとんど文系出身です。

 

 

尚、カプコン公式サイトによれば、カプコンの2021年度のゲームプランナーの採用実績校は、以下の通りとなっていました。

 

 

カプコンの2021年度のゲームプランナーの採用実績校

 

九州工業大学大学院、東京大学、埼玉大学、京都府立大学、北九州市立大学、明治大学、法政大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、日本大学、東洋大学、ECCコンピュータ専門学校

出典:カプコンI採用情報I新卒採用 

 

 

ゲームプランナーになるにあたって理系が不利という訳ではない

 

理系出身の方でも、ゲームプランナーの方は普通にいます。

 

理系だから不利ということはほとんどないと思います。

 

 

ゲームプランナーの場合は文系理系というより論理的思考が求められる

 

ゲームプランナーの場合は、理系文系というよりは「いかに論理的に説明できるか」というロジカルシンキングの面が重要視されているように思います。

 

なぜなら、職業柄、他セクションの方に企画書/仕様書の説明をするといった場面が多いためだと思います。

 

 

実際、ゲームプランナーの面接の際は、「なぜ」という問いが多かった記憶です。

 

ちなみに、「なぜ」と問われた場合は、基本的に「なぜなら」で返せば、論理に破綻は起きにくいかと思います。

 

 

尚、ゲームプランナーを目指している方には、この書籍は役に立つと思います。

 

ゲームプランナーの自分から見ても、結構わかりやすく企画の考え方がまとめられていると思います。

  

 

ゲームクリエイター(サウンド)は文系理系というよりは音楽系の学校出身の方が多い

 

サウンドクリエイターについては、基本的には音楽系の学校出身の方が多い印象です。

 

話を聞く限り、学生時代からサウンド制作活動を行っている方がほとんどです。

 

例えば、カプコン公式サイトによれば、カプコンの2021年度のサウンドの採用実績校は、以下の通りとなっていました。

 

 

カプコンの2021年度のサウンドの採用実績校 

 

University of Manchester、大阪音楽大学、武蔵野音楽大学、HAL大阪、HAL東京

出典:カプコンI採用情報I新卒採用 

 

 

採用実績校を見る限り、音楽系の学校もしくは音楽系の学科を持つ専門学校がほとんどだと思います。

 

 

とはいえ、一般大学出身でも、音楽系の実績があれば、サウンドクリエイターになれるチャンスはあると思います。

 

 

知り合いのサウンドクリエイターの中には、一般大学出身の方も普通にいます。

 

 

 

 

いま自分がゲームクリエイターを目指すなら文系・理系どっちに行くか?

 

もし、今から自分が学生時代に戻って、ゲームクリエイターを目指すのであれば、こんな感じで進路を選ぶと思います。

 

 

学生時代に戻ってゲームプログラマーを目指す場合

⇒情報工学系の学科に進学

 

 

学生時代に戻ってゲームプランナーを目指す場合

⇒文系・理系どっちでもいい(学校に行きながらバイトでもして話術を磨く)

 

 

学生時代に戻ってデザイナーを目指す場合

⇒美術系の大学または美術系の専門学校に進学

 

 

学生時代に戻ってサウンドを目指す場合

⇒音楽系の大学または音楽系の専門学校に進学

 

 

 

自分の場合は、こんな感じかなと思います。

 

 

 

おわりに:ゲームが好きならゲーム業界は面白いと思う

 

文系にしろ、理系にしろ、基本的にゲームが好きであれば、ゲーム業界は面白い業界だと思います。

 

実際、自分もゲーム業界で色々とゲームを作ってきたけれど、それでもまだまだぜんぜん飽きないくらいなので。

 

 

ぜひ目指してみて、一緒に働ければ幸いです。 

 

 

Twitterアカウント 

わたなべ りょう@GamePlanner (@Studio_Creeat) | Twitter