クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

【現役が語る】ゲームプランナーのメリット/デメリット

【現役が語る】ゲームプランナーのメリットデメリット

概要:現役ゲームプランナーの視点から「ゲームプランナーのメリット/デメリット」について紹介!

 

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

ゲームプランナーのメリット/デメリット一覧

 

結論から言うと、ざっとこんな感じですね。

  

 

 

メリット①:企画立案に携わることができる

 

メリット②:仕事の幅が広い

 

メリット③:娯楽が仕事に繋がる

 

デメリット:下積み期間がキツイ

 

 

ちょっと一個ずつ解説します。

 

 

 

メリット①:企画立案に携わることができる

 

具体的には、以下の通りです。

 

 

ゲームプランナーのメリットは、なんと言っても「企画立案できる」ところだと思います。例えば、こんな感じです。

 

・ゼルダにパラセールを出しましょう
・高所から使うと一気に遠くまで行けるんです
・普段は行けない所にも行けちゃうんですよ

 

「どうです。入れませんか?」みたいな感じです。

 

 

自分のアイディアが実際にゲームになっていく

 

企画が通れば、実際にゲームの中に実装していきます。

 

自分のアイディアがカタチになる瞬間ですね。

 

アイディアがカタチになっていく過程は、マジで超絶おもしろいですよ。

 

 

 

とはいえ、企画を通すのは激ムズ

 

 

ぶっちゃけ、フラッシュアイディアを出せば、イイっていうわけではないです。

 

ゲーム全体のバランス等を見て、「何を出せばいいか」を考える必要がある感じです。

 

企画提案に慣れるまでは、ボツにされることが多いですよ。

 

 

 

尚、ゲームプランナーの勉強をしたい方は『ゲームプランナー入門』を読んでおくとイイですね。

 

 

  

メリット②:仕事の幅が広い

 

ひとえにゲームプランナーといっても、けっこう色々な仕事をしていますよ。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

ゲームプランナーの仕事の具体例

 

 

・コラボの監修対応

 

・シナリオ作成

 

・アクション調整

 

・ステージ作成

 

・カメラ演出対応

 

・UI設計

 

 

 

上記は、ほんの一例です。

 

実際には、もっと色々な仕事があります。

 

ゲームプランナーって言っても、ただ単に企画書や仕様書を書いているだけではないですよ。

 

 

実は、こんな感じで、色々なカタチにてゲーム開発に関わることができるんです。

 

マジで飽きないですよ。

 

 

 

 

メリット③:娯楽が仕事に繋がる

 

具体的には、以下の通りです。

 

 

ゲームプランナーを仕事にすると、「漫画」「アニメ」「映画」といった娯楽から着想を得ることができるので、一挙両得かなと思いますよ。もちろん、ゲームをプレイしていても、そのゲームの良い点を参考にできる感じです。

 

娯楽が仕事に繋がるのは、けっこうメリットかなと。

 

 

ネタの引き出しがあると便利

 

正直、色々なエンタメコンテンツに触れておくと、ネタの引き出しが増えるのでイイですよ。

 

例えば、こんな感じですね。

 

 

■ホラーゲームのギミックを作る場合

 

 

・映画『ソウ』に出てくるワイヤーをモチーフにする

 

・映画『バイオハザード』に出てくるレーザーをモチーフにする

 

・映画『キューブ』に出てくる硫酸をモチーフにする

 

 

 

 

こんな感じでネタの引き出しがあると、企画を作る際に便利ですよ。

 

このように、娯楽から得た体験・知見を活かせる点もゲームプランナーのメリットだと思います。

 

 

 

 

デメリット:下積み期間がキツイ

 

 

ゲームプランナーの仕事は、企画/仕様を担当できるようになれば、やりがいがあっておもしろいですよ。

 

でも、 ぶっちゃけ、下積み期間はひとりで企画/仕様を担当するのは難しいかもです。

 

新人1~3年目くらいまでは、先輩ゲームプランナーの下について、怒られながらも学んでいく感じになるかなと。

 

 

 

ゲームプランナーの仕事は慣れないとキツイ

 

 

現場に入ると、「企画書を書いて」「仕様書を書いて」と言われることになるはずです。

 

でも、新人の頃はコレが難しいんですよね。

 

書き慣れていないので、何を書けばいいのか分からないんですよ。

 

 

 

もちろん、先輩に聞けば、教えてくれます。

 

でも、新人の頃は何回聞いても、うまく書けないんですよ。

 

実際、ひとりで資料を書けるようになったのは2~3年くらい掛かったと思います。

 

 

 

でも、下積み期間がキツイのはどこの業界も同じ

 

ぶっちゃけ、どこの業界でも、新人の内は大変だと思います。

 

そもそも、右も左も分からないので。

 

こればっかりは慣れかなと。

 

 

 

ひとりで企画/仕様を担当できるようになればおもしろい

 

スキルが身についてくれば、ひとりで担当できるようになります。

 

そうなると、けっこうおもしろいですよ。

 

自分主導で作業を進めることができるので。

 

 

それまでは修行ですね。

 

 

ゲームプランナーのメリット/デメリット まとめ

 

 

メリット①:企画立案に携わることができる

 

メリット②:仕事の幅が広い

 

メリット③:娯楽が仕事に繋がる

 

デメリット:下積み期間がキツイ

 

 

 

 

今回はこんな感じで終わりたいと思います。

 

 

将来的にゲームプランナーをめざしている方へ

 

専門学校のゲームプランナー学科で勉強しておくと、資料の書き方やツールの使い方など必要な知識を学べるのでイイと思いますよ。

 

アミューズメントメディア総合学院 など大手専門学校であれば、専用学科がある感じです。

 

 

 

  

尚、ゲーム業界にて就職活動をする前に知っておいて欲しいことをまとめた書籍を作ったので、学生の方はぜひ見てください。